コニカミノルタ

アニュアルレポート2014

Giving Shape to Ideas

中期経営方針

新中期経営計画「TRANSFORM 2016」について

当社グループは、2013年4月に実施した経営体制再編により、ワン・カンパニーとして総力を結集する準備を整えました。 2014年4月にスタートした新中期経営計画「TRANSFORM 2016」では、この新経営体制を成果に結びつけるため、 コニカミノルタが持つ幅広い分野の製品、技術、コアコンピタンスを融合させ、お客さまの業種・業態別に深く入り込み、高い付加価値の提供を追求していきます。 そして、そのような事業を通じて、社会、環境、そして顧客企業の革新に貢献することで、持続的な成長を図っていきます。

Q1 2014年3月期 決算の総括
Q2 新中期経営計画「TRANSFORM 2016」とは
Q3 3年後の経営目標と主要セグメントの業績予想
A

売上高 9,438億円 (16%増収)
情報機器事業の販売増が全社業績を牽引、増収を達成。

営業利益 581億円 (43%増益)
情報機器事業が前年比営業利益を倍増、産業⽤材料・機器事業の減益をカバー。ヘルスケア事業も増益に貢献。

当期純利益 219億円 (45%増益)
体質強化のための構造改革費用を計上するも、繰延税金資産見直しの税効果を織り込み、増益

詳細
A

新中期経営計画「TRANSFORM 2016」とは

詳細
A

3年後の経営目標

3年後の経営目標

本計画期間中(2014年度~2016年度)の為替前提:
USドル=100円、ユーロ=135円
当社は、2014年度(平成27年3月期)の有価証券報告書から、国際会計基準(IFRS)を適用いたします。
詳細