コニカミノルタ

コニカミノルタについて

グリーンファクトリー(調達・生産での取り組み)

生産活動での省資源・リサイクル

生産拠点における省資源・リサイクルの推進

循環型社会の実現に向けて、さまざまな施策により、生産活動から生じる排出物の削減とリサイクルを進め、廃棄物の外部排出物量削減に努めています。

材料ロス削減 材料・部品・製品の良品率向上
包装材削減 簡易包装化、入れ目増量
包装材再利用 社内通い化、生産拠点間の通い化、部品サプライヤーとの通い化
成形端材削減 成形端材レスの金型導入、成形端材の極小化・内部リサイクル
プレス端材削減 送りピッチの極小化
補材ロス削減 洗浄用溶剤の再利用、成形機オイルの再利用
パレット再利用 部品サプライヤーとの通い化、部品用パレットサイズを変更し製品出荷に使用

取り組み事例

樹脂端材の3Rにより排出物量を削減

生産拠点で、樹脂部品の成形工程で発生する端材の3R(Reduce・Reuse・Recycle(抑制・再使用・資源循環))に積極的に取り組んでいます。中国の情報機器生産会社コニカミノルタビジネステクノロジーズ(無錫)社や、コニカミノルタビジネステクノロジーズ(東莞)社では、端材を出さない成形金型を開発・導入し、原料となる樹脂の使用量を削減しています。
成形金型のホットランナー化、ランナーサイズの極小化、ランナー端材の粉砕・再利用により、投入する材料を削減し、その上で発生した不要な端材は、工場で使用する部品ラックや、サプライヤーからの部品輸送に使用する部品ボックスなどの材料として有効活用しています。

梱包材の排出量の削減

生産拠点で、材料・部品調達の際に使用する梱包材の排出量削減に取り組んでいます。例えば部品ボックスをまとめるストレッチフィルムを再利用が可能な梱包用ベルトに変更するなどの包装の簡易化や、材料調達の際の購入単位を変更して入れ目増量を図ることによる梱包材の使用量自体の削減を行っています。また、部品ボックスを、段ボールから、樹脂部品の端材を再利用して成型された折り畳み式部品ボックスに変更し、繰り返しリユースしています。梱包用の緩衝材も、廃棄せずにサプライヤーに返却し再利用するなど、排出量の削減を図っています。

ページトップへ戻る