コニカミノルタ

コニカミノルタについて

環境データ

環境データ算定基準

コニカミノルタグループ算定基準(CO2 排出量)

対象範囲と算定基準

ライフステージ   算定方法
1.調達 1).対象範囲 コニカミノルタ(株)が製造・販売する、情報機器および消耗品、機能材料、光学コンポーネント、ヘルスケア製品
2).算定基準 情報機器および消耗品については販売数量や生産数量、その他製品については資源投入量に、それぞれの製品を構成する素材の排出原単位等を乗じて算出しています。
2.生産/研究開発 1).対象範囲 全世界の生産・研究開発拠点
2).算定基準 各拠点のエネルギー使用量に、以下の係数を乗じて算出しています。
燃料:地球温暖化対策推進法(温対法)に規定される係数
電気:<日本>電気事業連合会が公表する2005年度全電源平均値
<海外>GHGプロトコルが公表する各国の2005年度CO2排出係数
3.物流 1).対象範囲 情報機器、光学コンポーネント、機能材料、ヘルスケア製品に関する、国際間物流、日本国内物流、中国およびマレーシアの生産物流(工場から港まで)
2).算定基準 主に貨物重量に輸送距離を乗じ、その値に輸送手段別のCO2排出係数を乗じて算出しています。
国際間物流、中国生産物流:GHGプロトコルが公表する CO2排出係数
日本国内物流:ロジスティクス分野におけるCO2排出量算定方法共同ガイドラインVer.3.0 に規定される係数
4.販売・サービス 1).対象範囲 全世界の連結対象の全販売会社
2).算定基準 <オフィス>
拠点のエネルギー使用量※2に,以下の係数を乗じて算出しています。
燃料: 地球温暖化対策推進法(温対法)に規定される係数 電気: <日本> 電気事業連合会が公表する2005年度全電源平均値 <海外> GHGプロトコルが公表する各国の2005年度CO2排出係数
<車両>
車両用燃料の使用量※3に,以下の係数を乗じて算出しています。
燃料: 地球温暖化対策推進法(温対法)に規定される係数
5.製品使用 1).対象範囲 情報機器、ヘルスケア製品
(光学コンポーネントについては、他社製品の一部として組み込まれるため除外しています)
2).算定基準 市場稼働台数(年度ごとの販売台数と製品寿命から推計)に、想定される機種ごとの年間電力消費量※4とCO2排出係数(GHGプロトコルが公表する2005年度全世界平均値)を乗じて算出しています。
※1
光学コンポーネントについては売上高より推計しています
※2
エネルギー使用量には一部推定値を含みます
※3
燃料使用量には一部推定値を含みます
※4
情報機器は国際エネルギースタープログラムに規定されたTEC値,ヘルスケア製品は製品仕様などに基づいています
注:
四捨五入の関係で、グラフの数値の合計と内訳が一致しない場合があります

コニカミノルタグループ算定基準(CO2排出量以外)

対象範囲と算定基準

算定項目   算定方法
1.製品への石油由来資源投入量 1).対象範囲 コニカミノルタ(株)が製造・販売する、情報機器および消耗品、機能材料、光学コンポーネント、ヘルスケア製品
2).算定基準 製品仕様等に基づいて、素材・部品重量に材質ごとの石油由来資源使用重量比率を乗じて算出しています。
2.包装材料の使用量 1).対象範囲 情報機器および消耗品、機能材料、光学コンポーネント、ヘルスケア製品の包装に使用する素材・部品
2).算定基準 販売実績に基づく製品の販売台数に、各製品1台当たりの包材重量(製品仕様等に基づく)を乗じて算出しています。
3.生産活動からの外部排出物量 1).対象範囲 全世界の生産・研究開発拠点
2).算定基準 生産外部排出物重量※1の実測値の合計
4.最終処分量 1).対象範囲 全世界の生産・研究開発拠点
2).算定基準 最終処分量重量※2(生産外部排出物量×最終処分率※3)の合計
5.VOCの大気排出量 1).対象範囲 全世界の生産拠点のうち、環境影響度指数※4 1ポイント/物質以上の物質を対象として、計算された個々の物質の環境影響度指数の総和が10ポイント以上となる拠点
2).算定基準 VOC大気排出の環境影響度指数の総和※5
6.取水量 1).対象範囲 全世界の生産・研究開発拠点
2).算定基準 取水量(上水道、地下水、工業用水)の合計
※1
生産・研究開発拠点で生じる、コニカミノルタに排出者責任のあるすべての排出物(廃棄物等)のなかで、コニカミノルタの拠点外に排出される量。
ただし、生産との関連のない排出物等は一部除外しています
※2
再資源化後の残渣を除きます
※3
最終処分率は個別に処理業者にヒアリングした値に基づいています
※4
環境影響度指数:コニカミノルタ独自の指数。
環境影響度指数(ポイント)=VOC 大気排出量(t)×有害性係数×立地係数
有害性係数:直接的または間接的な、人への健康影響および環境影響の重篤度により、1倍、10倍、100倍で設定(神奈川県の安全影響度評価における係数の考え方を参考に、コニカミノルタが独自に設定)
立地係数:工業団地外5、工業団地内1で設定
※5
環境負荷の全体像では、有害性係数や立地係数を加味しないそのままの大気排出量を記載しています
注:
四捨五入の関係で、グラフの数値の合計と内訳が一致しない場合があります

ページトップへ戻る