コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コニカミノルタのCSR

コニカミノルタグループ 行動憲章

企業は、公正な競争を通じて利潤を追求するという経済的主体であると同時に、広く社会にとって有用な存在であることが求められています。コニカミノルタグループは、全社員が本憲章の精神を深く認識し、社会的良識をもって行動します。

経営トップは本憲章の精神の実現が自らの役割と責任であることを認識し、率先垂範の上、全社員に周知徹底します。また、グループ内外の声を常時把握し、実効あるグループ内体制の整備を行うとともに、企業倫理の徹底を図ります。

  1. 商品の有用性・安全性
    私たちは、社会的に有用な商品・サービスを安全性に十分配慮して開発、提供し、消費者・ユーザーの信頼を獲得します。
  2. 公正・透明な企業活動
    私たちは、法令・社会的規範を遵守し、国際ルール、定款に則して行動し、公正・透明な企業活動を行います。
  3. 社会とのコミュニケーションと情報の開示
    私たちは、広く社会とのコミュニケーションを行い、企業情報を適時かつ公正に開示します。
  4. 環境の保全
    私たちは、地球環境問題の重要性を認識し、環境保全に向けて自主的かつ積極的に行動します。
  5. 社会への貢献
    私たちは、グローバルな視野を持ち、地域の文化や慣習を尊重し、積極的に社会に貢献します。
  6. 社員の尊重
    私たちは、社員のゆとりと豊かさを実現し、安全で働きやすい環境を確保するとともに、社員の人格、個性を尊重します。
  7. 責任ある対処
    本憲章に反するような事態が発生したときには、予め定めたコンプライアンス手続きに則り、経営トップ自らが問題解決にあたり、原因究明、再発防止に努めます。また、社会への迅速かつ的確な情報の公開と説明責任を遂行し、権限と責任を明確にした上、自らを含めて厳正な処分を行います。

2003年10月1日制定

ページトップへ戻る