コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コニカミノルタのCSR

CSR目標と実績

環境側面に関する目標・実績

グリーンプロダクツ(企画・開発)

中期環境計画2019 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
(1)お客様・社会が求めるサステナブルグリーンプロダクツ(SGP)の創出
事業価値
【売上高】
サステナブルグリーンプロダクツ売上高:7,700億円
(売上比率:70%)
【コストダウン】
資源抑制コストダウン
【売上高】
サステナブルグリーンプロダクツ売上高:6,400億円
(売上比率:65%)
【コストダウン】
資源抑制コストダウン
【売上高】
サステナブルグリーンプロダクツ売上高:6,576億円
(売上比率:64%)
【コストダウン】
資源抑制コストダウン
【売上高】
サステナブルグリーンプロダクツ売上高:7,000億円
(売上比率:65%)
【コストダウン】
資源抑制コストダウン
環境価値
【地球温暖化防止】
製品使用時のCO2削減効果:17.2千トン
調達段階のCO2削減効果:45.9千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:11.3千トン
【化学物質リスク低減】
エミッションへの確実な対応+SDGs視点の社会課題解決
【地球温暖化防止】
製品使用時のCO2削減効果:11.2千トン
調達段階のCO2削減効果:36.9千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:9.3千トン
【地球温暖化防止】
製品使用時のCO2削減効果:10.9千トン
調達段階のCO2削減効果:37.1千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:10.3千トン
【地球温暖化防止】
製品使用時のCO2削減効果:13.2千トン
調達段階のCO2削減効果:39.8千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:10.4千トン
(2)政府調達基準・環境ラベルへの対応
事業価値
【売上高】
販売機会損失ゼロ
【売上高】
販売機会損失ゼロ
【売上高】
販売機会損失ゼロ
【売上高】
販売機会損失ゼロ
  環境価値
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減
(3)製品関連法規制への確実な対応
事業価値
【リスク回避】
販売影響ゼロ
【リスク回避】
販売影響ゼロ
【リスク回避】
販売影響ゼロ
【リスク回避】
販売影響ゼロ
環境価値
【化学物質リスク低減】
法規制適合による有害化学物質リスク低減
【化学物質リスク低減】
法規制適合による有害化学物質リスク低減
【化学物質リスク低減】
法規制適合による有害化学物質リスク低減
【化学物質リスク低減】
法規制適合による有害化学物質リスク低減

グリーンファクトリー(調達・生産)

中期環境計画2019 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
(1)エクセレントグリーンファクトリー活動
事業価値
【コストダウン】
エネルギー、
資源コストダウン
【コストダウン】
エネルギー、
資源コストダウン
【コストダウン】
エネルギー、
資源コストダウン
【コストダウン】
エネルギー、
資源コストダウン
環境価値
【地球温暖化防止】
生産活動のCO2削減効果:19千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:2.8千トン
【生物多様性への対応】
水使用量削減:220千m3
【地球温暖化防止】
生産活動のCO2削減効果:17.4千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:1.9千トン
【生物多様性への対応】
水使用量削減:150千m3
【地球温暖化防止】
生産活動のCO2削減効果:25.6千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:4.0 千トン
【生物多様性への対応】
水使用量削減:259千m3
【地球温暖化防止】
生産活動のCO2削減効果:23.4千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:4.8千トン
【生物多様性への対応】
水使用量削減:213千m3
(2)グリーンサプライヤー活動の拡大
事業価値
【コストダウン】
お取引先コストダウン
【売上高】
施策ノウハウのデータベース化、商材化
【コストダウン】
お取引先コストダウン
【コストダウン】
お取引先コストダウン
【コストダウン】
お取引先コストダウン
環境価値
【地球温暖化防止】
お取引先でのCO2削減効果:5千トン
【循環型社会への対応】
お取引先での資源有効利用量:0.25千トン
+SDGs視点の社会課題解決
【地球温暖化防止】
お取引先でのCO2削減効果:3千トン
【循環型社会への対応】
お取引先での資源有効利用量:0.15千トン
【地球温暖化防止】
お取引先でのCO2削減効果:3.4千トン
【循環型社会への対応】
お取引先での資源有効利用量:0.26千トン
【地球温暖化防止】
お取引先でのCO2削減効果:5.4千トン
【循環型社会への対応】
お取引先での資源有効利用量:0.35千トン
(3)再生可能エネルギーの導入拡大
事業価値
【売上高】
販売機会損失ゼロ
【売上高】
販売機会損失ゼロ
【売上高】
販売機会損失ゼロ
【売上高】
販売機会損失ゼロ
環境価値
【地球温暖化防止】
    • 再生可能エネルギー比率:1%
+SDGs視点の社会課題解決
【地球温暖化防止】
再生可能エネルギー比率:0.2%
【地球温暖化防止】
再生可能エネルギー比率:0.4%
【地球温暖化防止】
再生可能エネルギー比率:0.6%
(4)サプライチェーン上のリスク対応
事業価値
【リスク回避】
調達・生産・販売影響ゼロ
【リスク回避】
調達・生産・販売影響ゼロ
【リスク回避】
調達・生産・販売影響ゼロ
【リスク回避】
調達・生産・販売影響ゼロ
環境価値
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減
【環境全般】
基準適合による環境負荷低減

グリーンマーケティング(物流・販売・サービス・回収リサイクル)

中期環境計画2019 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標
(1)グローバルでお客様との関係強化
事業価値
【売上高】
販売機会の獲得
【売上高】
販売機会の獲得
【売上高】
販売機会の獲得
【売上高】
販売機会の獲得
環境価値
【環境全般】
お客様先の環境負荷低減
+SDGs視点の社会課題解決
【環境全般】
お客様先の環境負荷低減
【環境全般】
お客様先の環境負荷低減
【環境全般】
お客様先の環境負荷低減
(2)サプライチェーン最適化と連動した環境活動
事業価値
【コストダウン】
物流/包装コストダウン
【コストダウン】
物流/包装コストダウン
【コストダウン】
物流/包装コストダウン
【コストダウン】
物流/包装コストダウン
環境価値
【地球温暖化防止】
    • 物流でのCO2 削減効果:0.3千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:0.04千トン
【地球温暖化防止】
  • 物流でのCO2削減効果:0.3千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:0.005千トン
【地球温暖化防止】
  • 物流でのCO2削減効果:0.5千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:0.007千トン
【地球温暖化防止】
  • 物流でのCO2 削減効果:0.4千トン
【循環型社会への対応】
資源有効利用量:0.02千トン
(3)使用済製品の回収リサイクル法対応
事業価値
【リスク回避】
販売影響ゼロ
【リスク回避】
販売影響ゼロ
【リスク回避】
販売影響ゼロ
【リスク回避】
販売影響ゼロ
環境価値
【循環型社会への対応】
製品回収リサイクルによる資源循環
【循環型社会への対応】
製品回収リサイクルによる資源循環
【循環型社会への対応】
製品回収リサイクルによる資源循環
【循環型社会への対応】
製品回収リサイクルによる資源循環

社会側面に関する目標・実績

ソーシャルイノベーション

Key Action 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標・計画
社会課題解決に貢献する事業開発 ●コア技術とオープンイノベーションによる新規事業開発の推進
●世界5極のビジネスイノベーションセンター(BIC)でのビジネス開発の推進
●新規事業の社会的アウトカムにおけるKPI設定
●BICにおいて、4件のプロジェクトが新たに事業化ステージへ進展
●においを"見える化"する「Kunkun body(クンクンボディ)発売開始
(BIC Japan)
●「 ケアサポートソリューション®」において介護スタッフへの満足度調査実施
●コア技術とオープンイノベーションによる新規事業開発の推進
●世界5極のビジネスイノベーションセンター(BIC)でのビジネス開発の推進
●「 ケアサポートソリューション®」において介護スタッフへの満足度調査を継続実
施するとともに課題改善を実施

顧客満足向上と製品安全

Key Action 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標・計画
高信頼品質の実現 ●製品の重大事故※1発生件数:0件
●リスクアセスメント演習:12回/年
●製品の重大事故※1発生件数:0件
●リスクアセスメント演習:12回/年
●製品の重大事故※1発生件数:0件
●サービスビジネス領域における製品の重大なセキュリティ事故※2発生件数:0件
新たな品質価値の創出 ●満足度調査を継続実施するとともに課題を設定し、改善を実施 ●事業の特性にあわせて満足度調査を実施
●事業ごとに課題を設定し、改善を実施
●満足度調査の継続的な実施と、その結果を踏まえた改善の実施
●デザイン思考による顧客価値創造における検証プロセスの構築
※1
重大事故:製品使用者の生命、身体に重大な被害を及ぼした場合、製品以外の財産に重大な被害を及ぼした場合を対象とします
※2
重大セキュリティ事故:製品セキュリティに関し、製品使用者のビジネスに深刻かつ重大な影響を及ぼした場合を対象とします

責任あるサプライチェーン

Key Action 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標・計画
サプライチェーンにおけるCSR調達の推進 CSR調達
●お取引先へのCSR活動の要請:100%実施
●CSR診断:全グループ生産拠点および重要なお取引先約120社の診断完了(2019
年度末)
●CSR監査:重要なグループ生産拠点2拠点および特に重要なお取引先2社の監査完了
(2019年度末)
CSR調達
●お取引先へのCSR活動の要請:100%実施
●CSR診断:グループ生産拠点3拠点および重要なお取引先50社の診断完了
●CSR監査:重要なグループ生産拠点2拠点および特に重要なお取引先1社の
監査完了
CSR調達
(2017~2019年度)
●お取引先へのCSR活動の要請:100%実施
●CSR診断:全グループ生産拠点および重要なお取引先約120社の診断完了
●CSR監査:重要なグループ生産拠点2拠点および特に重要なお取引先2社の
監査完了
紛争鉱物問題への対応
●紛争鉱物調査に関するお取引先からの回答の回収率:95%以上
●お客様からの調査要請への対応:100%対応
紛争鉱物問題への対応
●紛争鉱物調査に関するお取引先からの回答の回収率:99%
●お客様からの調査要請への対応:100%対応
紛争鉱物問題への対応(2017~2019年度)
●紛争鉱物調査に関するお取引先からの回答の回収率: 95%以上
●お客様からの調査要請への対応:100%対応

ヒューマンキャピタル

Key Action 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標・計画
ワークスタイル変革 ●事業ポートフォリオごとに求められる行動・働き方を定義し、「業務プロセス改革」
「ロボティクス・AI活用」を切り口に、非連続なワークスタイル変革を実施
●単位時間当たりの生産性向上、コラボレーション促進、ダイバーシティ推進を実施
●リモートワークの本格展開
●イノベーションのための兼業・副業の解禁
●ジョブ・リターン制度の導入
●RPA※3活用により、45業務4200時間の効率化を実現
●業務・職場環境の整備
●業務プロセスの改革
●多様な人財活用
●制度の拡充
●役割と権限の明確化
●RPA※3による効率化:約19000時間創出
人財育成 ●グローバル幹部人財育成プログラム(Global E-Juku)の継続実施
●新中期計画達成に向けた目指す人財像、必要な能力・スキルの明確化
●若手層の人財育成スピードの加速
●顧客起点で新たな事業を創っていく「ビジネスプロデューサー」の育成
●Global E-Jukuの実施(13か国34名が参加)
●目指す人財像、必要な能力・スキルを明示し、教育プログラムを拡充
●若手層海外派遣プログラムを開始(計24名を派遣)
●新規事業提案を通して「デジタルイノベーション創出」の型を習得するプログラ
ムを実施
●ハイポテンシャル人財の育成スピードの加速、幹部層のグローバルでの人財育成
●若手層海外派遣プログラムの推進
●顧客起点で新たな事業を生み出していく「ビジネスプロデューサー」の育成
●IoTビジネスモデルの確立に向けた人財育成
労働安全衛生 ●重篤災害※4発生件数:0件
●休業災害度数率※5:0.1以下
●経営トップによるグローバル安全衛生マネジメントの向上
●設備、材料、作業、作業環境を総合的にリスク低減させる総合リスクマネジメント
●安全風土醸成の強化:トップの安全関与、職場の安全管理、個人の安全意識向上
●重篤災害※4発生件数:0件
●休業災害度数率※5: 国内:0.22 海外:0.20
●コニカミノルタ独自の管理指標「不安全点※6」は過去3年間の2割減を達成
●重篤災害※4発生件数:0件
●休業災害度数率※5:2017~2019年度 0.1以下
●コニカミノルタ独自の管理指標「不安全点※6」による安全衛生マネジメント力の向上
●設備、材料、作業、作業環境を総合的にリスク低減させる総合リスクマネジメントの進化
●安全風土醸成の強化:トップの安全関与、職場の安全管理、個人の安全意識向上
従業員の健康向上 ●病気休職者の発生抑制
病気休職者数:38名(2018年4月1日時点)
●健康リスク保有者の低減
①血圧・血糖・脂質で病院受診継続が必要なリスク者減少率: 2016年度比21.3%減
②特定保健指導対象者減少率:2016年度比14.9%減
●病気休職者の発生抑制
病気休職者数:26名(2018年4月1日時点)
●健康リスク保有者の低減
①血圧・血糖・脂質で病院受診が必要なリスク者減少率:2016年度対比4.3%減少
②特定保健指導対象者減少率:2016年度対比3.3%減少
●病気休職者の発生抑制
●健康リスク保有者の低減
※3
RPA(Robotic Process Automation):パソコンでの定型作業の自動化
※4
重篤災害: ①死亡、長期療養を要する(または可能性のある)疾病、障がいの残る (または可能性のある)怪我、特定伝染病 ②一時に3人以上の労働者が業務上死傷または罹病した災害(不休含む)
※5
休業災害度数率:在籍労働者ののべ実労働時間数100万時間当たりの休業者数
※6
不安全点:発生した災害と事故をその種類と程度により点数化した数値

ダイバーシティ

Key Action 2017年度目標 2017年度実績 2018年度目標・計画
女性のキャリア形成支援 ●女性活躍推進を中心としたダイバーシティ推進に対する意識・風土の醸成
●出産・育児・介護を含む女性、男性ともに関係するライフイベントに対する支援のあり方、またそこから派生する働き方などの検討
●女性管理職への登用:女性管理職比率5%
●女性新卒採用比率のさらなる向上
●社長直轄組織として「ダイバーシティ推進室」を設立
●推進のキーとなる対象層に対するワークショップの実施 (経営層、部長層、管理職層、女性従業員)
●介護に対する従業員の実態把握調査実施と不安解消に向けた情報発信
●女性管理職への登用:女性管理職比率5.5%
●女性新卒者の積極採用:女性採用率33%
●女性活躍推進を中心としたダイバーシティ推進に対する意識・風土の醸成
●出産・育児・介護を含む女性、男性ともに関係するライフイベントに対する支援、柔軟で多様な働き方の推進
●女性管理職への登用:女性管理職比率7%(2019年度)
●女性新卒採用比率のさらなる向上:30%以上
社外での経験・
グローバル視点の活用
●外国籍従業員の積極的採用と育成 ●コニカミノルタ(株)新入社員に占める外国籍従業員の比率:14%(2018年
4月)
●日本国内におけるキャリア人財・海外人財の積極採用
●社外での経験・知見を得る機会の提供
●グローバルな人財交流を活発化し、互いに刺激し合い、学び合える「イノベーション創出の場」の提供

ページトップへ戻る