コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コニカミノルタのサステナビリティ

サステナビリティマネジメント

基本方針

コニカミノルタは、経営理念である「新しい価値の創造」の実現を追求し、経営ビジョンである「グローバル社会から支持され、必要とされる企業」「足腰のしっかりした、進化し続けるイノベーション企業」となるために、事業活動を通じて社会の質を向上させる価値を生み出し、社会的課題の解決に貢献していきたいと考えています。
コニカミノルタは、こうした経営理念・経営ビジョンや「コニカミノルタグループ行動憲章」を基本としてサステナビリティを推進しています。その理解と実践のよりどころとして、全世界共通の「コニカミノルタグループ行動憲章ガイダンス」を作成し、行動憲章の各項目における望ましい行動を示しています。そのなかで、国連が提唱し、コニカミノルタ(株)も署名している「グローバル・コンパクト」をはじめ、国際的な社会規範を尊重し、その理念に則して行動することを明記しています。

コニカミノルタが尊重するCSR関連の原則・憲章・規範

コニカミノルタが署名、または参加するCSR関連団体

  • JEITA「責任ある鉱物調達検討会」「コンフリクトフリーソーシング・ワーキンググループ」

経団連「企業行動憲章」の尊重

コニカミノルタ(株)は、社団法人日本経済団体連合会の会員として、その「企業行動憲章」および「企業行動憲章実行の手引き」を尊重しています。

国連グローバル・コンパクトへの賛同

コニカミノルタは、2008年12月、国連が提唱する「グローバル・コンパクト」に署名し、グローバル・コンパクト・ジャパン・ネットワークに加盟しています。グローバル・コンパクトとは、人権、労働、環境、腐敗防止における普遍的な10原則を示したもので、世界各国の企業に対して、支持し実践することを求めています。

このような社会的規範を尊重し遵守することについて、全世界共通の「コニカミノルタグループ行動憲章ガイダンス」に明記し、徹底しています。

グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパンロゴ

サステナビリティマネジメント体制

コニカミノルタ(株)では、取締役である代表執行役社長がサステナビリティマネジメント全体についての最高責任と権限を有し、サステナビリティマネジメントの有効性について責任を担っています。代表執行役社長のもと、サステナビリティを担当する役員がグループ全体のサステナビリティマネジメントを推進しています。サステナビリティを担当する役員は、サステナビリティに関する中期計画を策定・推進し、サステナビリティマネジメントにおける進捗状況や課題について代表執行役社長、および取締役会に設置された監査委員会へ毎月報告します。
なお、2017年度からは、ESGなどの非財務指標を執行役の業績評価項目に盛り込むことにより、経営活動の一環としてサステナビリティを進めています。
グループ全体のサステナビリティに関する中期計画を推進する機関として、「グループサステナビリティ推進会議」を設置しています。同会議は、サステナビリティ推進部門を事務局とし、各関連組織長に任命されたサステナビリティ推進責任者がメンバーとして参加し、サステナビリティに関する中期計画、年度計画の審議、四半期ごとの進捗状況の確認やグループのサステナビリティ課題に関する検討を行います。

ページトップへ戻る