コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コーポレートガバナンス

「社外取締役の独立性」運用基準

次の事項に該当する場合は『独立取締役』とは言えないと判断する。

当社指名委員会は、これらの事項に該当せず、独立性の高い社外取締役を候補者に選定する。

(1) コニカミノルタグループ関係者

  • 本人がコニカミノルタグループの出身者
  • 過去5年間において、家族(配偶者・子供、2親等以内の血族・姻族)がコニカミノルタグループの取締役・執行役・監査役・経営幹部の場合

(2) 大口取引先関係者

  • コニカミノルタグループおよび候補者本籍企業グループの双方いずれかにおいて、連結売上高の2%以上を占める重要な取引先の業務執行取締役・執行役・従業員の場合

(3) 専門的サービス提供者(弁護士、会計士、税理士、弁理士、司法書士、経営・財務・技術・マーケティングに関するコンサルタントなど)

  • コニカミノルタグループから過去2年間に年間5百万円以上の報酬を受領している場合

(4) その他

  • 当社の10%以上の議決権を保有している株主(法人の場合は業務執行取締役・執行役・従業員)の場合
  • 取締役の相互派遣の場合
  • コニカミノルタグループの競合企業の取締役・執行役・監査役・その他同等の職位者の場合、または競合企業の株式を3%以上保有している場合〔取締役として非適格〕
  • その他の重要な利害関係がコニカミノルタグループとの間にある場合

ページトップへ戻る