コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コーポレートガバナンス

企業情報の適時開示

企業情報開示委員会の設置

適切な企業情報開示のため、代表執行役社長直轄の社内委員会を設置しています。

役割と体制

コニカミノルタでは、グループ会社すべての企業情報の開示が、関連法規にしたがって迅速、正確かつ公平に行われるよう、「情報開示統制・手続き」を制定しています。
その実行を担う組織として、代表執行役社長直轄の社内委員会「企業情報開示委員会」を設置しています。
同委員会は、「情報開示統制・手続き」に則った企業情報の開示を一元的に管理・統括し、代表執行役社長を補佐しています。
代表執行役社長が任命した委員長が、経営戦略、リスクマネジメント、CSR、法務、総務やコンプライアンス等を担当する執行役の中から委員を任命し運営しています。
同委員会の事務局組織としては、複数の部署の部門長や管理職からなる事務局と、関連法規およびコンプライアンスに習熟したメンバーで構成する事務局補佐担当を設置しています。

企業情報開示委員会の活動

<活動内容>

コニカミノルタグループの企業情報を迅速、正確かつ十分に把握するため、「企業情報開示委員会」は、以下の活動を行っています。

  1. 適時開示にかかる情報項目(決定事実、発生事実および決算情報)についての社内各部署への周知徹底および教育
  2. グループの主要各社に設置した「企業情報開示担当」との連携による、定時・緊急時の連絡ルートの確立、およびグループ内すべての情報収集の推進
  3. 「企業情報開示委員会」の事務局員に対し、各種社内決裁にかかる文書および通知などを事前に閲覧する権限の制度化
  4. 「リスクマネジメント委員会」「コンプライアンス委員会」などグループ内の他の委員会との定時・緊急時の連絡ルートの確立による、緊急時における迅速かつ正確な対応の確保
  5. 継続開示報告書の作成、校閲、配布にかかる社内手続の明確化、ならびに当該手続の管理
  6. 各担当役員が当社社長に提出した企業情報にかかる資料、データ、情報などが正確かつ網羅的であることの証明書の提出
  7. 必要に応じた、公認会計士および社外弁護士との相談実施およびそのフィードバック

<遵守事項>

関連法規に準拠した企業情報の開示をさらに確実にするため、「企業情報開示委員会」メンバーおよびその事務局員、グループ主要各社の「企業情報開示担当」は以下の事項を遵守しています。

  1. 「情報開示統制・手続」の執行のすべての過程において関連法規に準拠すること、および何らかの疑義が生じた場合、直ちに弁護士その他の専門家に相談しその意見に準拠すること
  2. 企業情報の公表における公表内容・様式の精査およびレビュー
  3. 企業情報の公表における即時かつ同時伝達の確保
  4. 関連法規のみにとらわれない、必要かつ適切な場合における、自発的な公表の促進

また、グループ企業情報開示委員会規程に基づき、経営監査室は「情報開示統制・手続」の執行状況の監査、ならびに「企業情報開示委員会」およびその事務局の業務の監査を行うこととしています。

ページトップへ戻る