コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コンプライアンス

基本的な考え方

企業倫理や社内規則類も含めたコンプライアンスを推進しています。

コニカミノルタが考えるコンプライアンスは、国内外の法令遵守にとどまらず、企業倫理や社内規則類までを広く含んでいます。この認識に基づいて、「コニカミノルタグループ行動憲章」を制定し、グループ全体で共有すべきコンプライアンスの指針を定めています。この行動憲章はグループガバナンスを貫くものとして、企業活動におけるすべての行動においてコンプライアンスを最優先すべきものと位置づけています。さらにコニカミノルタで働く一人ひとりが行動憲章を実践する際のよりどころとして、全世界共通の「コニカミノルタグループ行動憲章ガイダンス」を2011年に発行するとともに、コンプライアンスの徹底に向けて、従業員に対する教育を実施しています。
コニカミノルタでは、グループ各社の役員・従業員が日々の行動のなかでコンプライアンスを実践できるようにすることを目指し、「コンプライアンスは企業に対する社会的要請である」というグループ共通の価値観、文化の醸成に努めるとともに、具体的な仕組みづくりを進めています。
コニカミノルタは今後も、国や地域によって異なる法令、文化、慣習に対応しながら、ワールドワイドな視点でコンプライアンスを推進していきます。

コニカミノルタグループのコンプライアンスの範囲
コニカミノルタグループのコンプライアンスの範囲

ページトップへ戻る