コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コニカミノルタ科学技術振興財団

コニカミノルタ画像科学奨励賞

コニカミノルタ科学技術振興財団では、「光と画像領域でのイノベーション創出」を基本テーマに、コニカミノルタ画像科学奨励賞の一般公募を行っています。

※平成28年度の受賞者が決定しました。

奨励賞(優秀賞)

  研究テーマ 所属機関
役職  氏名
研究室HP
1 光軸調整を必要としないワンチップ超解像光源の創製 京都工芸繊維大学
大学戦略推進機構
講師 北村 恭子
2 偏光アドレス型広帯域光渦フィルタの開発と画像処理への応用 長岡技術科学大学
技学研究院
助教 坂本 盛嗣
3 光を用いた肺がん征圧の試み:フタロシアニン化合物と抗体を融合した新規肺癌近赤外光線免疫療法の開発 名古屋大学
大学院医学系研究科
医員 佐藤 和秀
4 高輝度固体発光性ホウ素錯体を基盤とした刺激応答性発光クロミズム材料の設計と高分子開発 京都大学
大学院工学研究科
准教授 田中 一生

(五十音順)

奨励賞

  研究テーマ 所属機関
役職  氏名
研究室HP
1 次世代放射線治療に用いるサブミクロン空間分解能を有するイメージングプレートの開発 奈良先端科学技術大学院大学
物質創成科学研究科
助教 岡田 豪
2 光合成機能の野外における面的リアルタイム把握のためのSIF計測カメラの開発 北海道大学
農学研究院
助教 加藤 知道
3 光学顕微鏡を利用しない革新的バイオイメージングを目指した蛍光プローブの開発 岡山大学大学院
医歯薬学総合研究科
准教授 神野 伸一郎
4 水の新しい性質を用いた陽子線CTの開発・研究 名古屋市立大学
放射線医学教室
研究員 岐部 佳朗
-
5 フォトニック結晶型フィルタアレイによる分光偏光同時イメージング 宇都宮大学
大学院工学研究科
助教 篠田 一馬
6 分子認識に基づく発光特性変調をセンシング機能として融合した近赤外発光性ナノプローブの開発 九州大学
大学院工学研究院
助教 白木 智丈
7 切り紙/弾性体構造を用いたストレッチャブルディスプレイ お茶の水女子大学
ソフトマター教育研究センター
特任助教 武居 淳
-
8 粒子フィルタによる揺れ補正と神経細胞微小構造観察系の最適化で実現する神経細胞入出力の高速機能撮像 東京大学
医学系研究科
助教 田中 康裕
9 神経細胞における亜鉛シグナリングを可視化する分子内電荷移動制御型蛍光センサー分子の開発 長崎大学
大学院医歯薬学総合研究科
准教授 萩森 政頼

(五十音順)

基本テーマ「光と画像領域でのイノベーション創出」について

光は粒子と波動の二つの性質を持ち、太陽電池で代表されるエネルギー的側面と光通信の様な情報伝達の側面を有します。研究分野は、光化学、光学を代表として、医学分野や環境分野等幅広い分野が関連します。また、画像領域では、ネットワーク化・クラウド化が進展し、大容量の情報伝達と高速の画像処理技術が融合し、新たな研究領域を形成しています。関連分野は、画像科学、情報科学、細胞分野等のバイオ関連と非常にすそ野が拡大しています。これら両分野でのイノベーション創出に挑戦する研究を期待しています。

対象研究分野

画像領域は、大容量の情報伝達手段や画像処理と融合し、ハードコピーからディスプレイへ移行して来ました。これに用いられる材料・デバイスはナノテク領域へ拡大し、医学分野では、ライフサイエンス領域まで画像科学が展開されています。また、光は通信の役割だけでなく、微弱信号の検出や環境・エネルギー分野で多大な貢献をしています。
平成28年度は以下の3分野に分けてテーマを募集。

  1. 光と画像に関する材料及びデバイスの研究
  2. 光と画像に関するシステム及びソフトウエアの研究
  3. 光と画像に関するその他の先端的な研究

応募資格

日本の大学、国公立及び公益研究機関に所属する研究者で、個人またはグループを応募資格とします。但し、年齢は応募締切日9月30日時点で40才以下(グループは代表者)とします。

概要

1. 奨励賞及び副賞

  • 奨励賞(優秀賞)3件程度、副賞1件100万円
  • 奨励賞9件程度、副賞1件50万円

2. 研究報告等

  • 奨励賞を受けられる方は、1年後に「研究経過報告書」を提出して頂きます。
  • 受賞された研究についての学会発表(論文、口頭)の際は、本助成を受けた旨を明記して下さい。
  • 入賞者の氏名や研究テーマを当財団ホームページで公表させていただきます。また、新聞、雑誌、インターネット等で掲載される場合もございます。

3. 募集期間

平成28年7月1日~平成28年9月30日

4. 結果通知

平成29年1月下旬以降

選考方法

1. 選考委員会

三宅 洋一 千葉大学名誉教授を委員長とする「選考委員会」で厳正に選考します。

2. 選考基準

「発想の独創性」「計画の具体性」「波及効果」「実現性・実用性」の4項目で評価します。
この中で、「発想の独創性」を最も重視します。

ページトップへ戻る