コニカミノルタ

コニカミノルタについて

コニカミノルタの「出前授業」 新入社員が講師になり、中高生に「コピー機の仕組み」を授業

2012年から新入社員が講師となり、学校現場に出向き授業を行なう「出前授業」を実施しています。

「出前授業」は、企業人が行う授業のことで、特に、近年社会的に懸念されている「理科離れ」への対策として、また、キャリア教育の一環としても、地域社会や教育現場からのニーズが高い活動です。普段接している先生とは違った視点で、科学を生業としている企業人から授業を受けることで、子どもたちの理科・科学への関心を高めることを狙いとしています。

コニカミノルタの出前授業は理科離れの歯止めだけでなく、次世代の人材育成も目指しています。理科の面白さを伝える授業以外に、2013年からはSSH(スーパー・サイエンス・ハイスクール)指定校向けの授業も開発し、展開を広げています。

授業は、メイン事業の複合機を題材にした「コピー機の仕組み」です。そして、そのコピーでは、学校で習う「静電気」の性質を利用しています。

新入社員約9名を一つのチームとして、それぞれのチームが、「どの様にしたらコピーの原理をわかりやすく伝えられるか?」、「静電気にはどの様な性質があり、コピーではどの様な役割を果たしているのか?」、「トナーが液体ではなく、粉である理由は?」等をわかりやすく伝える工夫を考えて授業を行ない、静電気を活用したコピーの仕組みを理解してもらいます。

また、「キャリア教育」の面からも、学生と社会人との違いを今一番感じている新入社員が今後の進路やキャリア選択についてメッセージを送り、将来のヒントにしてもらいます。

この「出前授業」を通して、理科・科学への興味喚起と、将来について考えるきっかけ作りになればと考えています。

2017年度の実施校募集は終了しました。

2018年度実施校募集は2018年3月以降の予定です。

ページトップへ戻る