コニカミノルタ

コニカミノルタについて

自然環境の保全

エチオピアの植樹支援のマラソン大会を後援

フランス

フランスのレンヌで開催される「グリーンマラソン」では、走行距離に応じて、アフリカのエチオピアで植樹を行うプロジェクトを実施し、毎年1,400km2の森林が失われているエチオピアの緑化に貢献しています。コニカミノルタビジネスソリューションズ(フランス)社は、2011年度から大会への支援を始め、2013年度からはタイトルスポンサーとして協力しています。

子どもたちを対象とした環境教育を実施

香港

コニカミノルタビジネスソリューションズ(香港)社は、2012年度から、地元の環境NGO団体「グリーンセンス」と共同で、子どもたちを対象にした環境教育「エメラルド学習プログラム」を実施しています。これまでに、使用済み油から石けんを作るワークショップ、太陽エネルギーの実験、稀少生物を観察するエコツアーなどさまざまな体験メニューを提供しました。

「タンチョウチャリティ企画」協賛

日本

日本のタンチョウは、生息環境の悪化によりその数が激減し、一時は絶滅の危機に瀕していました。しかし、1987年に日本野鳥の会が「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ(保護区)」を設立して、地域住民や関係団体とともに保護活動を行ってきた結果、現在では1,000羽を超えるまでに増加しました。コニカミノルタはサンクチュアリ設立以来、保護活動の支援を続けています。

タンチョウは、全身白色で頭頂部が赤い大形の鶴で、ユーラシア東部と日本の北海道に分布している。

グリーンコンサートを開催

中国

グリーンコンサートを開催

情報機器販売会社であるコニカミノルタビジネスソリューションズ(香港)社は、エネルギー危機への理解と環境に配慮したライフスタイルを呼びかける、環境・スポーツ・音楽・チャリティを一体化したイベント「コニカミノルタ グリーンコンサート」を2010年から毎年開催しています。また、コンサートに必要な電力をまかなうため、固定自転車のペダルを漕ぐことで発電する競技大会も開催しています。この競技大会で集められた資金はチャリティ団体に寄付されます。

森林保護活動に参加、協力

日本

コニカミノルタでは、さまざまな森林保護活動に参加、協力しています。「高尾の森づくりの会」は、東京都西部に位置する裏高尾の国有林において、生来の植生を考慮しつつ、間伐、植樹、下草刈りなどの作業を通して、針葉樹と広葉樹が混交した豊かな森の復元を目指しています。この会に法人会員として参加し、従業員もメンバーの一員として、毎月森づくりに汗を流しています。

また、コニカミノルタのデジタル印刷システムを用いて、同会の季刊の会報を制作し、提供しています。

地域の美化推進活動

コニカミノルタグループでは、各地の事業所周辺において、清掃や美化活動を行っています。

大阪狭山サイト

東京サイト

コニカミノルタビジネステクノロジーズ(無錫)社

ページトップへ戻る