現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2015年6月の展示
知ることは守ること 絶滅危惧動物展
content

知ることは守ること 絶滅危惧動物展

展示内容の詳細


開催概要

地球上に存在する動植物の中から調査した約76,200種のうち、絶滅危惧種は22,400種以上にのぼります
コニカミノルタでは、このような状況を知っていただくために、絶滅危惧動物を紹介し、それらを保護するための取り組みについて考えるキッズ向けウェブサイト「絶滅危惧動物図鑑 みんなで守ろうぼくらのなかま」を2009年より開設しています。

本展では、「絶滅危惧動物図鑑 みんなで守ろうぼくらのなかま」に掲載している動物のほか、日経ナショナル ジオグラフィック社協力のもと、日本をはじめとする、世界の絶滅危惧動物を紹介いたします。また、“絶滅危惧動物ミニ図鑑”をコニカミノルタのカラー複合機「bizhub(ビズハブ)」シリーズで出力し、各日限定数をプレゼントいたします。
絶滅危惧動物を通じ、地球全体の環境保全への関心を深めるきっかけとして、ぜひご来場ください。

絶滅危惧動物図鑑 みんなで守ろうぼくらのなかま
 http://www.konicaminolta.jp/kids/animals/ (別ウィンドウで表示されます)

※IUCN (International Union for Conservation of Nature:国際自然保護連合)の調査(2014年11月)。
IUCNは1948年に創設された、国際的な自然保護団体。絶滅危惧種を調査した「レッドリスト」を発表している。国家、政府機関、NGOなどを会員とし、スイスのグランに本部を置く。日本は1978年に環境庁が日本の政府機関として初めて加盟し、1995年に国家会員となった。日本委員会は、(公財)日本自然保護協会が務めている。

展示みどころ

絶滅危惧動物を知ろう

日経ナショナル ジオグラフィック社協力のもと、絶滅危惧動物を大型プリントで紹介、解説します。

絶滅危惧動物保護について考えよう

日本野鳥の会が設立し、コニカミノルタが活動を支援している「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ(保護区)」の取り組みについて紹介します。また、一人ひとりが始められる取り組みや、それがどのように動物保護につながっていくのかについて解説します。

“絶滅危惧動物ミニ図鑑”プレゼント

4つのテーマ(陸・水辺・空・日本)から1つを選ぶと、コニカミノルタのカラー複合機bizhubシリーズで、〝絶滅危惧動物ミニ図鑑“を冊子としてその場で出力します。各日先着50名様にプレゼントします。

主催

コニカミノルタ株式会社

監修

公益財団法人 日本自然保護協会

協力

日経ナショナル ジオグラフィック社 公益財団法人 日本野鳥の会

展示作品

写真、解説パネルなど(予定)


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
開館時間 10:30~19:00
(最終日は15:00まで)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ USTREAM コニカミノルタプラザ YouTube コニカミノルタプラザ チャンネル

ページトップへ戻る