現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2015年8月の展示
皆川はじめ 写真展「キューバ!明日を信じて」
content

皆川はじめ 写真展「キューバ!明日を信じて」

展示内容の詳細


作者コメント

1991年にソ連邦が崩壊して程なく、新生ロシアからキューバに対し“石油を柱とした旧来の経済援助は御破算に”という通告がなされました。それまで電力、車輌用燃料、化学肥料等々全てがソ連からの石油頼みだったキューバ、政府は国家経済非常体制を宣言、以降90 年代を通してキューバ国民は大混乱の中で窮乏生活 を強いられる事になります。配給の停止、日常茶飯事の停電、生活物資の枯渇等々、キューバの人々が当時 直面した現実は私たちの想像をはるかに超える厳しさだった筈です。
私の最初の撮影行は2006 年(翌年べネズエラからの経済支援が始まる)、90年代の混迷の残滓が行く先々で 色濃く見られました。そして2014 年に再度の撮影行、観光客で賑わうハバナに比べると、唯一の産業である製 糖業が疲弊した地方の町は依然として時間が止まった様な印象です。 二度の撮影行では, 倹しくも逞しく生きる彼等の日常に焦点をあてて撮影しました。裏通りを行きかう人々、凝 視する眼、物憂い眼、くたくたのシャツを着た農夫、屈託のない子供の笑顔等々、いろいろな場面で出会った彼 等全てが私の眼にはとても魅力的に映りました。
キューバ革命から56年後の今、米国と国交正常化が進捗しています。キューバの人々が失った永い空白の年 月を取り戻すまでには更に少なからずの時間がかかるのでしょうが、彼等に少しでも早く、より良い生活が訪れ ることを祈るばかりです。

作者プロフィール

皆川はじめ(みながわ・はじめ)

1947年 茨城県生まれ
1970年 立教大経済学部卒
Nedlloyd Lines, P&O Nedlloyd, NYK Line Japan に勤務し2008年に退職する。
40歳過ぎて一念発起、アマチュア写真クラブに参加したのを契機に目的意識をもって写真を撮り始めた。好きなジャンルはストリートスナップとポートレイト。

展示作品

モノクロプリント 大四切 約45点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
開館時間 10:30~19:00
(最終日は15:00まで)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ USTREAM コニカミノルタプラザ YouTube コニカミノルタプラザ チャンネル

ページトップへ戻る