現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2013年11月の展示
異郷の絵本作家たち 降矢奈々×フィリップ・ジョルダーノ
content

異郷の絵本作家たち 降矢奈々×フィリップ・ジョルダーノ

コニカミノルタプラザ特別企画展 降矢奈々×フィリップ・ジョルダーノ 異郷の絵本作家たち

  • 開催概要
  • 展示内容
  • イベント
2013年11月1日(金)~11月15日(金) 期間中無休/最終日は15:00まで スロバキア在住の絵本作家 降矢奈々と、日本で活躍するイタリア人作家 フィリップ・ジョルダーノ。それぞれが異郷に生きる理由も時代背景も異なりますが、違う文化、社会に適応しながら精力的に創作を継続している二人の展覧会です。降矢奈々最新作「黄色のトマト」原画全点初公開、フィリップ・ジョルダーノ「かぐやひめ」原画全点展示。~手から手へ展 関連企画~ 降矢奈々×フィリップ・ジョルダーノ 異郷の絵本作家たち

主催:コニカミノルタ株式会社 後援:スロバキア共和国大使館、イタリア文化会館 ロゴイタリア文化会館、新宿区教育委員会、一般社団法人日本国際児童図書評議会(JBBY)、一般財団法人出版文化産業振興財団、公益財団法人東京子ども図書館、絵本学会 協力:ちひろ美術館、三起商行株式会社(ミキハウス)、手から手へ実行委員会

開催概要

コニカミノルタ株式会社(東京都千代田区)が運営する「コニカミノルタプラザ」(東京都新宿区)では、文部科学省の教育・文化週間にあわせ、その発展を支援する取り組みとして、絵本作家を中心とする展覧会を開催しております。このたび、第7回目として、「異郷の絵本作家たち 降矢奈々×フィリップ・ジョルダーノ」を2013年11月1日(金)から11月15日(金)まで開催いたします。

スロバキア在住の絵本作家 降矢奈々と、日本で活動を展開するイタリア人作家フィリップ・ジョルダーノ。本展では、生まれ育った国を離れ、異なる文化の中で自己のアイデンティティと向き合い、創作を続ける二人の作家の作品をご紹介します。

降矢奈々は、デビュー作『めっきらもっきらどおんどん』やベストセラー『おれたち、ともだち』シリーズをはじめ、子どもから大人まで幅広い層の支持を得る、実力と人気を兼ね備えた絵本作家です。1992年にブラチスラバ美術大学に留学し、以来スロバキアに生活の拠点を移し、創作に打ち込んでいます。

フィリップ・ジョルダーノは、イタリアの美術学校を卒業後、イラストレーションやアニメーションの仕事を開始しますが、2010年のボローニャ国際絵本原画展第1回SM出版賞※1の受賞をきっかけに日本へ移住し、現在は新進の絵本作家、イラストレーターとして国内外で注目されています。

二人の接点は、東日本大震災以降に動き出した「手から手へ展※2絵本作家から子どもたちへ3.11以降のメッセージ」にありました。この展示は、ヨーロッパに住みながら日本の現状に心を痛める降矢奈々の呼びかけから始まりました。イタリアのボローニャを皮切りにヨーロッパ諸国、そして日本へと巡回中の7カ国110名による展示です。震災以降も日本で活動を続けるフィリップ・ジョルダーノも立ち上げからの参加作家のひとりです。

オリジナリティを異文化との出会いの中で開花させている両作家は、子どもの日常のそばにあり、短い物語のなかでひとつの世界が完結する“絵本”が、国境を越えて、よろこびや安らぎ、新しい気づきや未来への希望を伝えられると信じています。

コニカミノルタプラザでは、この二人展を「手から手へ展」の関連企画として連携することで、絵本作家がどのようにこどもたちの未来を見つめているかを絵本ファンのみならず、多くの観覧者に知っていただき、また一緒に考える機会を共有したいと願っています。

※1 SM出版賞
2010年に世界最大の子どもの本の見本市「ボローニャ・ブックフェア」とスペインのSM財団によって創設。新人作家の登竜門として広く知られる「ボローニャ国際絵本原画展」の入選者の中から、35歳以下を対象に毎年一人が選出され、賞金と絵本の出版が約束される。

※2 手から手へ展
 http://handtohand311.org/ (別ウィンドウで表示されます)

降矢奈々最新作「黄いろのトマト」(ミキハウス)原画全点初公開 フィリップ・ジョルダーノ「かぐやひめ」(Grupo SM)-SM出版賞受賞による作品- 原画全点展示

展示内容

降矢奈々の作品 約55点(予定)

【初公開】
絵本最新作『黄いろのトマト』(宮沢賢治作 2013年10月ミキハウスより刊行)の原画を全点展示いたします。

【代表作品の原画】
これまで出版された絵本から特に人気の高い作品の原画を数点ずつご紹介します。『いそっぷのおはなし』(グランまま社)『ききみみずきん』(岩崎書店)『なみちかのきのこがり』(童心社)『ともだちおまじない』(偕成社)『ともだちごっこ』(偕成社)他

【小さい額に入った木片シリーズ作品】
①「木片・赤頭巾ちゃんとの対話」162×162mm
②「木片・時計を食べた鰐」252×252mm
③「木片・OZの案山子」252×252mm(初公開)

【新作絵画】
5点(予定)

降矢奈々の作品

フィリップ・ジョルダーノの作品 約40点(予定)

■2010年第1回SM出版賞を受賞、賞金とSM出版から絵本を出版する権利を与えられ、制作したのが日本の『かぐやひめ』でした。今回、この絵本の原画をすべて展示いたします。

■板にアクリル絵具で描いた作品やシルクスクリーンやCGを使ってさまざまな生き物を描いた作品を、新作を含んでご紹介します。自然を愛し日本の神秘性に興味を抱いて制作された作品は、どれもが美しくきれいな線で描かれているのが特徴です。

フィリップ・ジョルダーノの作品

イベント

降矢奈々トークショー「降矢奈々の絵本作りとスロバキアの暮らし~」

聞き手:広松由希子(絵本家)

日本からスロバキアに移住し、長年取り組まれてきた絵本創作の舞台裏と独自の視点についてお聞きします。また、3.11後にヨーロッパから発信された「手から手へ展」への想いについてもお話いただきます。

【日時】2013年11月2日(土)14:00~
【場所】コニカミノルタプラザイベントスペース
【参加費】無料
【定員】 最大50名
*定員を超えた場合は、お立見となります。
(お立見は、会場の都合により入場をお断わりさせて頂く場合もあります。)
【申込方法】 先着順
※開演2時間前より、会場にて整理券を配布。

イベントの様子は「USTREAM」にてライブ中継いたします。
 コニカミノルタプラザUstreamチャンネル  (別ウィンドウで表示されます)


降矢奈々

降矢奈々

1961年東京生まれ、スロバキア在住。絵本作家、画家。
1992-2000年ブラチスラバ美術大学でドゥシャン・カーライ教授の下で石版画を学ぶ。1985年のデビュー作『めっきらもっきらどおんどん』を皮切りに、現在までに約70冊の絵本・児童書の挿絵を手がけ、自作の絵本も多数。アメリカ、韓国、中国、台湾などでも翻訳出版されている。

<主な受賞歴>
1996年ブラチスラバ・エクスリブリス・トリエンナーレ版画協会賞/1999年ベオグラード・イラストレーション・ ビエンナーレ金のペン賞 /2009年五山賞絵画奨励賞

<主な絵本作品>
『めっきらもっきらどおんどん』(長谷川摂子作 福音館書店)、『ちょろりんのすてきなセーター』(福音館書店)、『あいうえおうた』(谷川俊太郎文 福音館書店)、「おれたち、ともだち!」シリーズ(内田麟太郎作 偕成社)、『ABCの絵本』(ヤーン・スムレク作 elan出版)、『いそっぷのおはなし』(木坂涼再話 グランまま社)、『ナミチカのきのこがり』(童心社)、『ひめねずみとガラスのストーブ』(安房直子作 小学館)、『ききみみずきん』(広松由希子文 岩崎書店)、『黄いろのトマト』(宮沢賢治作 ミキハウス 2013年10月刊行)等。

フィリップ・ジョルダーノ ワークショップ 「グリーティングカードを作ろう」

グリーティングカード 作品例

【日時】2013年11月10日(日)1回目13:00~ / 2回目15:30~
【場所】コニカミノルタプラザイベントスペース
【参加費】無料
【定員】最大15名
【対象年齢】小学生以上
(小学生のお子様は保護者同伴が必要となります)
【申込方法】 Webサイトより事前申し込み制

お申し込みは終了いたしました。

なお定員に余裕がある場合は、ご参加いただけますので、お電話でお問い合わせ下さい。最大定員に達し次第、受付を終了します。予めご了承ください。

Tel 03-3225-5001 / 10:30-19:00
【申込期間】2013年10月15日(火)~10月28日(月)

フィリップ・ジョルダーノ

フィリップ・ジョルダーノ

1980年イタリア・チェッレ生まれ、東京在住。イラストレーター。スイス人の父、フィリピン人の母をもつ。ミラノのブレラ美術学校に通った後、 IEDヨーロッパデザイン学校で勉強し、トリノでアニメ制作技術のマスターコースを修了。2004年のボローニャ国際絵本原画展入選をきっかけに、児童書の仕事を開始。雑誌や書籍のイラストレーション、おもちゃのデザイン、アニメーションなどの仕事も手がける。絵本は日本、フランス、南アメリカ、 イギリス、中国、スペイン、ポルトガルなどに翻訳出版されている。

<主な受賞歴>
2008年パリ・サロン・ド・リーブルのフィギュア・フュテュール成人賞とメディア賞/2009年ポルトガル・イラストレーション・ビエンナーレのイリュストレ入選/2004年、2010年、2013年ボローニャ国際絵本原画展入選、 2010年には同展で第1回SM賞を受賞

<主な絵本作品>
『かぐやひめ』(SM出版)、『まっくろくろのおばけちゃんのぼうけん』(デヴィッド・カリ 作 岩崎書店)、『ゆうかんなおんどり』(パウラ・コルボネル作 OQO出版)、『かたつむりの線』(マヌエラ・モナーリ作 Zoolibri出版)等。


ページトップへ戻る