現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2012年12月の展示
高砂淳二写真展「そら色の夢」
content

高砂淳二写真展「そら色の夢」

展示内容の詳細


コニカミノルタプラザでは、地球環境の大切さを伝える写真展を開催してきました。
今回はこれまで70ヵ国以上をまわって、海の中の生物、虹、星々など、地球の様々な美しい表情を撮影してきた自然写真家・高砂淳二が、その長い年月の間に出合った夢のような空の表情を、この夏まとめた写真集「そら色の夢」の中から厳選した約50点を展示いたします。
“天空の鏡”と言われる南米のウユニ塩湖に映し出された幻想的な空や星々、どこまでも繊細に海と空を染めるモルジブの夕焼け、夜空に生き物のようにうごめくカナダのオーロラなど、世界の空の多彩な表情を存分にご覧いただきます。さらに会場の音楽はネイチャーサウンドアーティストのジョー奥田が担当。音楽との絶対的な一体感で会場全体を演出いたします。
また本展では、この写真展のために高砂淳二が撮り下ろした映像、“Hawaiian sky”も特別上映いたします。
巨大高画質スクリーンに映し出される楽園ハワイの24時間の空の移り変わりが、あらためて自然の素晴らしさを感じさせてくれる心地よい空間となっています。
そしてイベントスペースでは、高砂淳二氏が関わる、環境保全、および震災漂流物回収プロジェクトをご紹介いたします。

特別展示

海の環境NPO法人OWS およびハワイクリーンアッププロジェクトの活動紹介、スライドショー・パネル展示。

作者コメント

辛いことがあっても、平凡な一日であっても、毎日毎日僕らのところには、朝がやってきて、昼間がきて、そして夕になって夜がやってくる。僕らが見ていても見ていなくても、空はそのときだけの、一瞬一瞬の違った表情を見せ続けている。空が見られる状況ならいいけれど、部屋にいる間にももっと美しい表情をしているかもしれないと思うと、何だかもったいない感じさえする。(写真集「そら色の夢」あとがきより)

作者プロフィール

高砂淳二(たかさご・じゅんじ)

自然写真家。1962年、宮城県石巻市生まれ。
ダイビング専門誌の専属カメラマンを経て1989年に独立。
海の中から生き物、風景まで、地球全体をフィールドに、自然全体の繋がりや人とのかかわり合いなどをテーマに撮影活動を行っている。
著書は、月の光で現れる虹を捉えたハワイの写真集「night rainbow ~祝福の虹」(小学館)をはじめ、「Children of the Rainbow」、「虹の星」、「free」、「BLUE」、「life」(ともに小学館)、「南の夢の海へ」(PIE BOOKS)、「ハワイの50の宝物」(二見書房)、「クジラの見る夢 ~ジャックマイヨールとの海の日々~」(七賢出版)など多数。
2012年6月、世界の空の写真集「そら色の夢」(PIE International)を発売。10月には、エッセイ集「夜の虹の向こうへ」(小学館)を発売予定。
ザルツブルグ博物館、東京ミッドタウンフジフイルムスクエア、渋谷パルコ、阪急百貨店、大阪大丸百貨店、コニカミノルタプラザなど、写真展多数開催。
*海の環境NPO法人“OWS(Oceanic wildlife society)”理事

高砂淳二 オフィシャルウェブサイト
http://www.junjitakasago.com (別ウィンドウで表示されます)

オフィシャルブログ
http://junjitakasago.com/blog/ (別ウィンドウで表示されます)

facebook artist page
http://www.facebook.com/JunjiTakasago (別ウィンドウで表示されます)

音楽 ジョー奥田(ジョー・おくだ)

ネイチャーサウンドアーティスト/音楽プロデューサー
人間の聴力や感覚に極めて近い録音が可能な「バイノーラルマイク」とデジタルレコーダーを使用して録音した自然音を素材に、新しい音の世界をクリエイトしている自然録音家。

展示内容

展示作品:
カラープリント 2400mm×1050mm、1050mm×750mm、750mm×500mm 約50点
映像:
Hawaiian sky 約10分(予定)

主催

コニカミノルタプラザ(コニカミノルタホールディングス株式会社)


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ

ページトップへ戻る