content

サイトウ リョウ写真展

展示内容の詳細


作者コメント

自分とは何なのか?自分は何者なのか?この問いを探求すべく、各国異なった場所で生きる人間のアイデンティティというものをテーマに、約2年間18ヶ国、アジアからアフリカまで撮影を行った。自然光ではなく人工的に光をつくり、スポットを当て、日常から被写体を浮かび上がらせる。肌の質感、衣類の素材感、被写体の存在感を細部まで鮮明に表現したいと考え、全ての撮影でストロボを使用した。撮影時に背景布やレフ版、ライトをスタンドに装着した大掛かりなセッティングを行っていた為、戸惑ってしまう被写体が多く、毎回時間をかけてコミュニケーションと説明を行ってからの撮影となった。そのお陰で被写体を知る事ができ、テーマであった個々のアイデンティティを具現化することが出来たと感じている。また、撮影時にはいつも多くのギャラリーに囲まれ円滑に進まなくなることが多々あったのだが、その様な状況が被写体に高揚感や、内に秘めたナルシズムを表面化させ、思いがけない表情、佇まいを切り取ることができた。

作者略歴

サイトウ リョウ

1980年 福島県生まれ
2000年 東放学園専門学校デジタル映画科卒
2002年 大阪芸術大学短期大学部広報学科卒
撮影スタジオで3 年間勤務、退社後フリーアシスタントを経て、独立。

展示作品

カラープリントA1、A2 約30点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ

ページトップへ戻る