現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2011年12月の展示
蒼山日菜 KIRIE展 ~沈思黙考 La Contemplation~
content

蒼山日菜 KIRIE展 ~沈思黙考 La Contemplation~

蒼山日菜 KIRIE展 ~沈思黙考 La Contemplation~ 展示概要

コニカミノルタプラザは、2011年11月30日(水) ~12月15日(木)の16日間、同プラザギャラリーBにおいてコニカミノルタプラザ特別企画展 「蒼山日菜 KIRIE展 ~沈思黙考 La Contemplation~」を開催いたします。
今回は常に自然との関わりを根底に捉えて創作活動を続けている切り絵作家・蒼山日菜(あおやま・ひな)氏が、自然や環境、蝶や花、鳥など動植物をテーマに制作した、世界にたった1つしかない作品を展示いたします。
ハサミだけで創り出す優美で繊細なレースの切り絵は、日本国内はもとより海外でも高い評価を得ています。
本企画展では、各作品についてのコンセプトや題名を置きません。タイトルにもある「沈思黙考」は、沈黙して深く考えること。このタイトルが示す通り、会場で作品を黙してご鑑賞いただき、そこから何かを感じ取ってもらいたい。そんな気持ちがタイトルに込められています。
蒼山氏の自然を愛する心と、作品を描いた時の想いを感じていただき、沈思黙考をお持ち帰りいただくことを願っております。

右上「アンビリバボー 蝶」 左下「ファーストジャパニーズ 蝶」
蒼山日菜 KIRIE展 ~沈思黙考 La Contemplation~ 展示作品イメージ

ページトップへ戻る

開催イベント 蒼山日菜 ギャラリートーク

日時 12月3日(土)14時~、16時~(予定) 会場 コニカミノルタプラザ ギャラリーB(参加費無料)
※イベントは終了いたしました。

ページトップへ戻る

蒼山日菜 プロフィール

蒼山日菜(あおやま・ひな)
神奈川県出身。フランス在住。2000年に趣味として切り絵を始める。
05年、初めての個展で自分の作品に感動してくれた方を見てプロ転向を決意。
以降数々のコンクールに作品を出展し入賞を果たす。2008年6月、スイスのシャルメ美術館で3年に1度開催されるペーパーアートの国際コンクール「シャルメ・トリエンナーレ」でアジア人として初めてグランプリに輝く。
ほか海外での受賞多数。2009Newsweek誌の「世界が尊敬する日本人100人」に選出。
スイスのジュネーブにほど近いジュラ山脈、アルプス、モンブランに囲まれた大自然の中で、日々新たな作品作りに挑戦している。「切り絵の魅力を知ってほしい」と切り絵教室も開催している。
また、資生堂やワコールなど企業とのコラボレーションの実施や各種TV・雑誌などメディアにも多数出演。
(オスカープロモーション所属)

蒼山日菜

ページトップへ戻る