現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
2011年12月の展示
「DAYS JAPAN が選んだ3.11」-VISA 震災写真展-
content

「DAYS JAPAN が選んだ3.11」-VISA 震災写真展-

展示内容の詳細


コニカミノルタプラザは、2011年11月30日(水)~12月15日(木)の16日間、同プラザギャラリーAにおいて「DAYS JAPAN が選んだ3.11」-VISA 震災写真展-を開催いたします。
2011年8月末から9月初めにフランス・南仏のペルピニャンで開催された世界最大のフォトジャーナリズムの祭典、VISA。今回、「DAYS JAPAN が選んだ震災写真展」としてVISA で開催され、世界中のメディアが注目した作品49点を展示いたします。今回の展示をご覧いただき、震災から7ヶ月が過ぎた今もなお作品が人々に訴えかけるメッセージと向き合っていただければ幸いです。

「DAYS JAPAN」誌コメント

国際フォトジャーナリズム祭(VISA)で「VISA 震災写真展」を開催いたしました。会場はいつも満員で、3,000人のプロのフォトジャーナリスト、世界の大手メディアの関係者、10万人を超える人々にご覧いただき、大盛況で終わりました。
スライドショーの会場では、パリマッチで表紙になった東北の津波被害者で、子どもが戻るのを待つ母親の映像が映し出されたと同時に彼女自身も会場に現れ、数千人と思われる聴衆から大きな拍手を浴びました。ここで展示された数点の作品は、VISA の催しの広報として、ニューズウィーク、パリマッチ他、世界の主だったメディアでも取り上げられました。

内容構成

第23回国際フォトジャーナリズム祭(VISA POUR L'IMAGE)の目玉として「DAYS JAPANが選んだ震災写真展」の展示作品を募集。その集まった1000点を超える作品のなかから、広河隆一(DAYS JAPAN 編集長)の選考により65点まで絞られ、最終的にVISA 本部によって厳選された49点の作品で構成。

展示作品

カラー・モノクロ 全紙49点

主催

株式会社デイズ ジャパン


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ

ページトップへ戻る