content

阪口智聡 写真展

展示内容の詳細


作者コメント

東京都の多摩地区西部にある青梅市内で撮影したピンホール写真を約50点展示します。
青梅市は東京のベッドタウンとして発展していますが、自然や観光資源にも恵まれており、また近年は「昭和レトロの街」として多くの観光客が訪れています。多彩な顔を持つこの青梅の町を2006年から何度となく訪れて、どこか懐かしさを覚える町の表情をピンホールカメラで撮り続けてきました。フィルムに焼きつけられた映像には、青梅の町が写っているというだけではなく、誰もが持っている記憶の中の風景と重なるところがあるのではないでしょうか。
写真展をご覧いただき、普段は心の奥の深いところに沈んで意識されることのない「記憶の町」の光景と出会っていただければ幸いです。

作者略歴

阪口智聡(さかぐち・ともあき)

http://anagame.exblog.jp/(別ウィンドウで表示されます)

1958年東京都生まれ
2005年国内外でピンホールカメラによる撮影を始める
2007年個展「記憶の空間」 Art Gallery山手(横浜)
2008年第44回神奈川県美術展 準大賞
2010年個展「時の旋律」 コニカミノルタプラザ
その他、公募展、企画展、グループ展、雑誌にて作品発表

展示作品

カラープリント 半切 約50点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ

ページトップへ戻る