content

野口博行 写真展

展示内容の詳細


作者コメント

多摩川下流域では、潮汐の影響による水位の変化や時間、天気などの条件によって、川の流れが止まる時間帯があります。このとき、水面には鏡に映したようなシンメトリー的空間が広がり、まるで時間が止まったかのように見えます。 この瞬間的な非日常世界に惹かれ、川が静止する瞬間を追い続けました。川の流れが止まることによって、時間が「止まる」ように見える瞬間を、写真を撮るという行為によって、静止画の中に静止した時間を作り出そうという試みです。

作者略歴

野口博行(のぐち・ひろゆき)

1984年神奈川県生まれ
2009年東京綜合写真専門学校卒業
2011年東京綜合写真専門学校卒業 研究科修了
2009年から多摩川下流域の撮影を始める

展示作品

カラープリント A2 約30点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl Facebook ページ

ページトップへ戻る