content

松本伸夫 写真展


作者コメント

野良猫という被写体に興味を持ち、野良猫写真を撮り始めたのは2003年春からで、当初はフィルム一眼レフを使用していましたが、この写真展の作品はデジタル一眼レフを導入した2008年1月以降のものから厳選しています。
私の野良猫写真の撮影スタイルは、単焦点レンズを1本だけ持ち出し、身軽に気負わずじっくりと行なうというものです。
また、撮影時間帯は99%が早朝ですので、今回のすべての写真が朝4時半頃から9時頃の間に撮影したものです。
撮影場所は、神奈川と東京の公園・漁港・寺・駅・繁華街などです。
ドラマティックな写真、ほのぼのした写真、コミカルな写真など、どれもシンプルな猫写真となっていますので、老若男女を問わず楽しんでいただけると思います。

作者略歴

松本伸夫(まつもと・のぶお)

1961年東京都生まれ
1985年東京理科大学理学部卒 学生時代に初めてフィルム一眼レフを手にする
2003年野良猫写真を撮り始める
2009年ナムコナンジャタウン主催の猫写真コンテストでグランプリ受賞

  http://berry.cside.com/ (別ウィンドウで表示されます)

展示作品

カラープリント A1ノビ、A3ノビ 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl

ページトップへ戻る