content

國森康弘写真展


作者コメント

人生の99%が不幸でも、最後の1%が幸せならばその人の人生は幸せなものに変わる―。タイトルはマザー・テレサ氏の言葉を借りた。
島根県知夫里島の介護・看取りの家「なごみの里」に暮らした90代3人の最晩年を追った。病院も特養もないが、「最期まで、この島で死にたい」とその死に様を自身で選んだ「里」の入居者達。一見表情の変化が見えにくい認知症を抱えながら、その顔は生前も死後もどこか凛として、「生命力」を感じさせた。その現場の空気をどこまで写し込めたか。
紛争・貧困地で私が見た数々の「選択余地なき死」「望まない死」とはいわば対極にある「自分の望む死」を貫く先輩達の最期-。「結構悪くないもんだよ」と我々後輩に、写真から語りかけてもらえればと願っている。

作者略歴

國森康弘(くにもり・やすひろ)

1974年 兵庫県生まれ
2003年 イラク戦争取材を機に神戸新聞社を退社、独立。
2006年 英カーディフ大ジャーナリズム学部修士号取得
2008年度、2009年度 上野彦馬賞入賞
ナショナルジオグラフィック国際写真コンテスト2009日本版優秀賞

著書

『家族を看取る~心がそばにあればいい』(平凡社・新書)
『証言沖縄戦の日本兵』(岩波書店)

展示作品

カラープリント A3ノビ 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る