content

スマトラの森 「Forest Calling」


開催概要

貴重な熱帯林が残るインドネシア・スマトラ島。その豊かな森にすむスマトラゾウやトラなど野生動物の写真、森のすみかが減って孤児になった子ゾウ、地元の子どもたちが写した自然や失われてゆく森の様子、人々の暮らしなどをあわせて展示します。

インドネシアのスマトラ島には、トラ、ゾウ、サイ、オランウータンが共存する世界で唯一の森や、アマゾンの2倍を超える植物が確認されている豊かな森があります。けれども、スマトラ島では、過去25年間に森の半分が消えました。島内に広く分布していたスマトラゾウは多くの場所ですみかを失い、その数は8割以上も減ったと推定されています。トラ、サイ、オランウータンなども同様の状況です。広範囲に森が伐採され、伐採地に栽培されるアブラヤシ(パームオイルの原料)やアカシア(紙の原料)は欧米諸国や日本に輸出されます。スマトラ島の自然林減少と日本人のくらしには深いかかわりがあります。
森が急激に減っていることから、数々の問題が起きています。野生のゾウが畑に出てきて作物を荒らすために、ゾウが人々に殺されてしまうこともあります。WWFは野生のゾウを傷つけずに森に追い返す、ゾウのパトロール隊の活動をしています。そういう森で、孤児の子ゾウと出会いました。森でパトロール隊についてきて離れなくなってしまい、今は隊のゾウが母親代わりになって一緒に暮らしています。この子ゾウも無事に成長できるよう、森が守られ、人間とも共存できるような社会環境ができることを願ってやみません。
今回の展示を通じて、地球の森を感じながら現状を知ってもらい、自然と人間の共存についてあらためて考える機会になれば幸いです。

展示内容

スマトラの森の多様性あふれる自然や動物、伐採風景、人々の暮らしのカラー写真約50点(地元の子どもたちが写した写真も含む)及び映像展示。

関連情報(1)

WWFジャパンとWWFインドネシア、ワンダーアイズプロジェクトは協力して、スマトラ島で子どもたちと写真プログラムを行ないました(2009年10-11月)。島の南部ブキ・バリサン・セラタンと中部のテッソ・ニロという貴重な自然が残されている2つの国立公園周辺で、6歳から17歳の延べ174名が参加し自然にふれながら思いのままに写真を写しました。その写真は、2月12日(寅年旧暦正月)から13日にWWFインドネシアがジャカルタ(Menteng Park)で開催したイヤー・オブ・タイガーのイベントでワンダーアイズ写真展として展示されました。また、2月16日から26日には同市の国際交流基金の展示室でも公開されました(詳細はホームページ  (別ウィンドウで表示されます)をご参照ください)。


関連情報(2)

会期中にインドネシアで国民的人気ミュージシャン(WWFインドネシアのオフィシャル・サポーター)のヌギ(Nugie)が来日し会場入りする予定です。日程等詳細は決まり次第、ワンダーアイズプロジェクトWebサイト  (別ウィンドウで表示されます)等でお知らせします。

WWF(World Wide Fund for Nature世界自然保護基金)

  URL http://www.wwf.or.jp(別ウィンドウで表示されます)
WWFは100カ国以上で活動する環境保全団体です。人と自然が調和しながら生きていける自然環境を、未来の世代に引き継いでいくことがWWFの使命です。生態系の保全から地球温暖化防止まで、地球全体の生物多様性の保全に幅広く取り組んでいます。WWFの活動はすべて、一般の方々からの会費やご寄付によって支えられています。

ワンダーアイズプロジェクト WONDER EYES PROJECT

  URL http://www.wondereyes.org  (別ウィンドウで表示されます)
世界の子どもたちがカメラを手に、自らの目で世界を見つめ表現する機会を作り、異なる価値や文化、社会の理解を深める非営利のプロジェクト。これまで、世界の10の国や地域でプログラムや写真展を開催。未来の担い手である子どもたちとともに、写真を通して感動や発見をしながら、心の対話を促し、新しい時代に向けてメッセージを伝えていきます。

写真家:永武ひかる(ながたけ ひかる)

東京都出身。オフィシャルHP  (別ウィンドウで表示されます)
ワンダーアイズプロジェクト代表。90年代は主に南米、2000年から世界を撮影取材、国際協力や交流のNGO活動にも携わってきた。日本写真家協会、日本写真協会会員。


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る