content

市川恵美写真展


作者コメント

瀬戸内海の海辺の町で育ったせいか、「水」に惹かれる。来し方に耳を澄ますとき、水の音を聴くことがある。どこから流れ出たものか、行く末を見極めたい衝動に駆られる。タイトルの「うらうへ」は裏表。自分の心奥の両面性を表す。「人生とは」と考える時、それは時空の軌跡であり、出会いはその一点での奇跡的な交わりであり、偶然がそれを決定する。
偶然でありながら必然と感じる気持ちを、60点のカラープリントで展示。

作者略歴

市川恵美(いちかわ・えみ)

東京大学 文学部卒業

1997年~
1999年
日本フォトコンテスト誌 ポートフォリオ発表
2000年~
2003年
日本フォトコンテスト誌 アサヒカメラ、日本カメラ年度賞一位~三位
2005年10月 新宿ニコンサロンbis21にて個展「佐鳴湖日記」開催
2006年2月、
7月
香川県高松市N.Yギャラリーおよびクリエート浜松にて個展「佐鳴湖日記」開催

国際写真サロン、フジフォトコンテスト、ニッコールフォトコンテスト、全日本写真展、視点展などに入賞
日本写真協会会員、二科会写真部静岡支部役員、全日写連浜松支部長
浜松大学、聖隷クリストファー大学、静岡理工科大学にて英語非常勤講師
2007年12月より自身のHPで毎日一枚の写真を更新中
http://www.emi-ichikawa.com/(別ウィンドウで表示されます)

展示作品

カラープリント 半切 約60点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る