現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
展示スケジュール
過去の展示
2010年12月の展示
九州産業大学大学院芸術研究科写真専攻 写真展
content

九州産業大学大学院芸術研究科写真専攻 写真展


作者コメント

私たち6人は九州産業大学で写真を学ぶことで出会いました。それぞれの経験や考え方が違う中で、お互いに刺激を受けあって作品制作に取り組んでいます。
北九州の浄土宗西山派の寺に生まれ、そのお寺をテーマに撮影する者。「在日朝鮮人について知りたい」と思い、21歳の誕生日が来てすぐに関西へ撮影に行くようになり、22歳には撮影地を少し変えて戦前「廣島」の記憶をたどりながら、現代「広島」から関西へと撮影を続ける者。カメラから見た街をそのまま印画紙に焼き付け、一瞬を見抜き、一瞬を写し込む。まるでそこにいるような、そんな感覚になれる写真。悲しい瞬間や微笑ましい瞬間を永遠のものへと出来る写真だからこそ見える世界を撮っている者。自分の視野を広げたくてベトナムの地に行き、醸し出す空気に惹かれた者。僻地を目指してアラスカへ旅に出た者。そして昔、滞在していたインドへ旅する者。
そのような6人が集まり、写真というツールを通して私たちが何を感じ考えたのか、それぞれの視点を見て感じていただけたら幸いです。

作者略歴

展示タイトル/作者

「抜きとられた街」植村賢人(うえむら・まさと)1986年 福岡県生まれ
「地」角田奈々(かくだ・なな)1986年 福岡県生まれ
「知足者幸」神田 潤(かんだ・じゅん)1985年 福岡県生まれ
「Identity」小金丸 紋(こがねまる・あや)1987年 福岡県生まれ
「Fear is a Mistake」PREM DANAI(プレム・ダナイ)1972年 韓国ソウル生まれ
「アラスカ~狩猟民族村~」山口京和(やまぐち・きよかず)1986年 鹿児島県生まれ

展示作品

カラー、モノクロ 半切他 約50点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)
twitter コニカミノルタプラザ @konicaminoltapl

ページトップへ戻る