content

堀内陽子写真展


作者コメント

家を出て、電車に乗り、どこかの駅で下車し、歩いていると、どこにでも私の知らない誰かがいて、それぞれが家族や友達同士などと思い思いの目的でその場に存在する。
出会い頭にぶつかるような時間の断面は、次の瞬きで崩れ、氷が溶け出したかのようにあっという間に形を変えてしまう。誰もが目にする可能性があり、あるいは気づかぬうちに目にしている淡々とした情景に「無劇性の劇」ともいうべき面を見つけた時、私はシャッターを切っている。

作者略歴

堀内陽子(ほりうち・ようこ)

2004年 「夜の写真学校」第7期修了

写真展

2006年 「路上劇場」 PLACE M
2007年 「ありふれた時間」PLACE M
2008年 「ありふれた時間II」「ありふれた時間」PLACE M 清里フォト・アートミュージアム作品収蔵

展示作品

モノクロプリント 全紙、小全紙 約30点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る