content

中嶋太一写真展


作者コメント

龍のようにうねり流れて行く一筋のレール。それは発展し尽くした都市の上空を光をまとい、どこまでも続いて行く。都市からジャンクション、山間部の田園風景を抜け、郊外の住宅へと。どこか非現実的な姿の現実。我々の日常の真横を通り抜けていく非日常。ビルで覆われた都市の上に重ねられ、新たに作られた郊外のベッドタウンへと人々を導くレールは、どこかそのような印象を与える。その姿は我々が生きる現代の都市を浮き彫りにしている。

作者略歴

中嶋太一(なかじま・たいち)

1978年 東京都生まれ
2002年 専修大学商学部卒業
2008年 写真展「Vessel」 ビジュアルアーツ・ギャラリー・東京
2009年 写真展「龍の流れし夜」 ギャラリー・ニエプス
写真展「Reflection」 ビジュアルアーツ・ギャラリー・東京
写真展「扉」 ビジュアルアーツ・ギャラリー・東京
2009年 東京ビジュアルアーツ卒業

展示作品

カラープリント 大全紙 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る