content

畠中良晴写真展


作者コメント

颯爽と駆け抜けるサラブレッド。その姿は単に美しいという言葉を超えてどこか心惹かれ、胸を打たれるという不思議な魅力を携えている。たくさんの人達の思いを乗せて走るサラブレッド。言葉は話せなくても心通い、思いを紡いだ人間との結晶がそこにはある。「明日に思いを馳せ、思い出に還る場所」これはそんな心象を追いかけて撮りためた写真です。心を込めて撮影しました。

作者略歴

畠中良晴(はたなか・よしはる)

1976年 新潟県小千谷市に生まれる
2001年 武蔵野美術大学造形学部空間演出デザイン学科卒業、アフロフォトエージェンシーにカメラマンとして入社
2003年 フリーランスの写真家、クリエーターとして活動を開始、JRA「優駿」に掲載開始
2004年 コニカミノルタ フォト・プレミオ2004年度入賞
個展「UNBRIDLED'S SONG -本能は無重力-」(コニカミノルタプラザ)
2005年 「優駿」にて「UNBRIDLED'S SONG」の連載開始、AIPS日本スポーツプレス協会会員
2006年 AIPS国際スポーツプレス協会会員
2007年 第55回朝日広告賞 広告主参加の部 エンターテインメント 準部門賞(日本中央競馬会)
第74回毎日広告デザイン賞 「金融 官公庁 団体 教育 その他」部門 準部門賞(日本中央競馬会)
写真展「Twelve Worlds D3と出会った12人の写真家たち」(新宿ニコンサロン)

展示作品

カラープリント 全紙、他 約40点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る