content

髙塚陽一写真展


作者コメント

「過ぎ去りゆく時 ひろしま」は、被爆建造物及び関連モニュメントなどを背景にして、ひろしまの人々のありのままを写し出すことで、あの日の記憶が「日常化」してしまっている現状を顕在化しようとする試みである。ひろしまの人々にとって、いかに原爆ドームであろうとも、それは日常の風景のひとつでしかない。まさしく、多くの被爆建造物などに囲まれている日常の中で、あの日の記憶は遠いものとなっているのではなかろうか。確かに、広島市街に点在する多くの被爆建造物などを映像化して残そうとする努力が絶え間なくなされている。しかし、公共のレベルと異なり、市民レベルにそれを置くならば、その被爆建造物及びモニュメントは、確実に「日常化」の中で、その存在理由が希薄になりつつある。(風化とは、公共レベルによる記録の有無やイベント開催の大小ではない。市民レベルにおける「日常化」という忘却こそ、本当の風化なのではないか。)私たちは1945年8月にささげられた膨大な命の犠牲の中で、「私たちの過ち」を知ることができた。ならば私たちはその犠牲となったひとつひとつの命のためにも、その「過ち」を決して忘れてはならない。この「過ち」を今日の私たちに示し、そして常に私たちに向けて警鐘を鳴らし続けている、あの被爆建造物及びモニュメントを、もし私たちが「日常化」という無自覚な世界に押しやるならば、それは、私たちが新たなる「過ち」を犯すのに等しい行為ではないだろうか。この写真を通して、私たちの心を見つめ直す、一つのきっかけとなることを望みつつ、ここに「過ぎ去りゆく時 ひろしま」~被爆建造物のいま~を発表する。

作者略歴

髙塚陽一(たかつか・よういち)

1962年 神奈川県生まれ
1986年 同志社大学卒業、写真家児島昭雄氏に師事、新居高行写真事務所勤務
2008年 酒田市土門拳文化賞奨励賞受賞
2009年 日本カメラ2月号口絵に「囲人」掲載
現在 日本キリスト教団相武台教会(相模原市)牧師

写真展

1978年 個展「ふれあいを求めて」 川崎市民ギャラリー
2005年 個展「光と影の軌跡 60年目のひろしま」 新宿ニコンサロン
2007年 個展「路上の賢人」 新宿ニコンサロン
2008年 グループ北斗展「今、そこに注ぐ視線」 新宿シリウス
2009年 個展「囲人」 新宿エプサイト2
グループ北斗展「今、そこに注ぐ視線II」 新宿シリウス

展示作品

カラープリント 全紙 約50点


アクセス

アクセス
〒160-0022
東京都新宿区新宿3-26-11
新宿高野ビル4F
JR新宿東口、地下鉄丸の内線「新宿駅」A7出口から徒歩1分(フルーツの新宿高野4F)

ページトップへ戻る