現在地:
コニカミノルタ 日本
コニカミノルタプラザ
エコ&アート アワード
エコ&アート アワード2012
content

エコ&アート アワード2012

KONICA MINOLTA エコ&アート アワード2012 supported by. Pen

募集期間
2011年9月26日(月)~12月31日(土)※当日消印有効
募集部門
ビジュアルアーツ部門/プロダクト&コミュニケーション部門
応募資格
16歳~35歳の方
賞金
グランプリ30万円 準グランプリ10万円※各部門1本

KONICA MINOLTA エコ&アート アワード2012とは

コニカミノルタプラザでは、「アート(芸術)」には環境問題の解決に役立つ力があると考え、eco&artというテーマを掲げました。

捨ててしまうものがアートの力で欲しいものに生まれ変わったり、アート作品の魅力が行動を起こすきっかけとなったりと、「アート」には人々に影響力を与え、人々の生活までを変化させてしまう力があります。この「art」の力によって難しく面倒なイメージをもってしまう環境(eco)活動が身近で・継続的なものになることを信じ、eco&artをテーマとした作品を16歳から35歳までの若手クリエーター・アーティストから広く募集し、彼らの優れた作品を多くの方々にご覧いただける機会を提供していきたいと考えています。
ぜひここで、若いみなさんの豊かな才能を発揮してください。この場所に相応しい作品制作に挑戦する、そして次世代を担う意欲的なアーティストの応募をお待ちしております。

コニカミノルタ エコ&アートアワード2012新部門のお知らせ

3月11日、東日本を中心に日本観測史上最大級の災害が発生しました。甚大な被害を受けるとともに、平和な日本は未来への行き先を見失い、今なお、迷い、苦しみ、将来への不安が尽きない状態にあります。
"アートの力で地球を救う"をテーマに数々のアイデア・作品・コミュニケーションを支援してきた「エコ&アワード」では、苦境、逆境から日本を救うために、このアートの力を活用してみたいと考えております。
歴史を振り返れば、信仰対象、社会システム、生活におけるアイデア、コミュニケーション・・・アートは様々なシーンでその力を発揮し、日本を発展させてきました。

「~アートが導く、これからのニッポンと未来の地球~」

この苦境、逆境から日本を救うためのアイデア・作品を広く募集いたします。
皆さまの才能は必ず明るい未来のきっかけづくりになると信じております。

前回(エコ&アートアワード2011)の受賞作品はこちらのページでご覧いただけます。

  • 募集要項
  • 応募規定
  • 審査員
  • 入選作品
  • 最終審査結果
  • FAQ
  • エコ&アワード2012 トップへ戻る
  • エコ&アワード トップへ戻る

エコ&アート アワード2012 作品展


ページトップへ戻る