現在地:
コニカミノルタ 日本
ピンクリボン運動
乳がんセルフチェック・検診
content

乳がんセルフチェック・検診

乳がんのセルフチェックをしてみよう!

乳がんは、自分で見つけることができる可能性が高いがん。早期発見のためにぜひ行っていただきたいのが、セルフチェック(自己検診)です。
セルフチェックは毎月、生理が終わって一週間前後に行うといいでしょう。生理前だと乳房に痛みや張りがあり、正確な判断がしづらいためです。閉経後の人は月に1度、日にちを決めて行うのがベター。定期的にチェックすることで、ふだんの乳房の状態がわかり、変化に気づきやすくなります。
ただし、しこりが見つかっても落ち込んでしまうのは早計です。しこりの原因は人によってさまざま。乳がん以外の原因も多く考えられます。少しでも異常を見つけたら、ためらわずに専門医の診察を受けましょう。

入浴時に

指をそろえて、指の腹で静かに軽く押さえながら渦巻き状にていねいに何回も乳房にしこりがないか調べます。

入浴時は石けんをつけるとすべりがよくなり、調べやすくなります。

鏡に向かって

1.鏡の前に自然な状態で立ち、両方の乳房に違和感がないかよく観察します。
2.両手を上下し、正面・側面・斜めなどから乳房をよく観察します。

・形、大きさ、乳房の高さにちがいがあるか
・乳房の皮膚の一部や乳頭にへこみ、ひきつれはないか
・乳頭にかさぶたやただれがないか
・乳頭に異常な分泌液がでていないか

仰向けに寝て

乳房の内側
腕をあげ、指の腹でまんべんなく調べます。

乳房の外側半分
腕を自然な位置に下げ、指の腹でまんべんなく調べます。

わきの下
わきの下にはリンパ節腫脹ができる可能性があります。しこりがないか左右のわきの下を調べます。

乳頭
乳頭を軽くつまみ、血のような分泌液がでないか調べます。

肩の下に薄い枕や座布団を敷くと調べやすくなります。

  • 監修:遠藤 登喜子
  • 独立行政法人国立病院機構名古屋医療センター
  • 臨床研究センター 高度診断研究部 部長
  • 名古屋医療センター放射線科 部長

乳がん検診を受けよう!

医療機関での検診では、セルフチェックではわからない初期のがんの発見が可能です。一般的な乳がん検診は、問診のあと、視触診、マンモグラフィー、超音波などの検査を行います。画像検査としてはマンモグラフィーが基本ですが、年齢によって有効性が異なるため、超音波を併用することもあります。

視触診

医師が直接手で乳房にふれ、しこりを触診する方法。検診などで、マンモグラフィーと併用で用いられます。

画像検査(1) マンモグラフィー

乳房専用のレントゲン検査。圧迫板で乳房をはさみ、薄く引き延ばして撮影します。乳がんの初期症状である微細な石灰化を画像としてとらえられます。

マンモグラフィーとは

画像検査(2) 超音波検査(エコー)

超音波を出す「プローブ」と呼ばれるセンサーをあて、はねかえってくる音波を画像化して、乳房内部の様子を映し出します。触診では分からない数ミリ単位のしこりを発見できます。

細胞診・組織診

画像診断の結果、乳がんが疑われるときには、細胞や組織を調べる検査に進みます。しこりに細い針をさして細胞を採取する細胞診、より太めの針で組織の一部を採取する組織診(生検)などがあります。

ページトップへ戻る