ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。電話でのお問い合わせはこちらをご覧下さい。

モバイル端末とクラウドソリューション連携強化により新しいワークスタイルを実現する
「bizhub C554e」シリーズ発売開始

2013年5月9日

コニカミノルタ株式会社(本社:東京都千代田区、社長:松﨑 正年、以下 コニカミノルタ)は、「bizhub(ビズハブ)」シリーズの新商品としてA3カラー複合機(MFP) 5機種「bizhub C554e/ C454e/ C364e/ C284e/ C224e」(以下「bizhub C554e」シリーズ)を明日より順次発売いたします。
昨今、スマートフォンやタブレット端末の利用増加に伴い、お客様のワークスタイルは急速に多様化しています。「bizhub C554e」シリーズは、お客様のこれからの「新しい働き方」や「働きやすいオフィス環境づくり」を強力にサポートする先進的なモデルです。

#

「bizhub C554e」シリーズでは、「Google AppsTM」、「Microsoft® SharePoint®」、「Evernote®」の3つのクラウドサービスと連携し、複合機からクラウドに保存した情報やドキュメントを活用できます※1
また、外出時に資料提出やデータの印刷が必要になった場合、モバイル端末からE-mailを送信し、そのまま出力できるようになり、リアルタイムで情報伝達が可能となります。さらに、当社のモバイル連携アプリケーション「PageScope Mobile」を活用することで、「Google DriveTM」や「Microsoft SharePoint」などのクラウドサービスや社内サーバーと柔軟に連携し情報の共有とその活用の幅を広げるなどお客様のモバイル&クラウド環境を強力にサポートします。

加えて、紙文書を画像として電子化するだけでなく、汎用性の高いMicrosoft®ワード、エクセル、パワーポイントに変換※2し再利用や編集が可能になるため、様々な形式のビジネス文書として最適に管理できます。また、受信したFAXを全文検索可能なPDFとして電子化※2できるので、取引先との膨大なFAX文書もPC内で検索が迅速かつ容易に行えるなど、オフィスのドキュメントワークにおける業務効率の更なる向上に貢献します。

環境面においても、コニカミノルタでは資源量削減のため廃棄物再利用に取り組んでおり、市場から回収したペットボトルとウォーターサーバー用のガロンボトルを再生樹脂「再生PC/PET」※3として独自開発し、これまで耐久性の点で困難であった複合機の外装素材へ使用することを可能にしました。「bizhub C554e」シリーズでは、現行機※4より10%多く、本体外装の40%に「再生PC/PET」などの再生素材を使用し、更なる資源の有効活用化に貢献しています。なお、本製品は、優れた環境性能を備えた«グリーンプロダクツ・プラス(GP・Plus)認定製品»※5です

コニカミノルタは、コミュニケーションメッセージ「Giving Shape to Ideas:革新はあなたのために。」を掲げ、今後も、オフィスワークの課題を解決するお客様のニーズに合った付加価値サービスの提供を通して新しい働き方を提案してまいります。

※1
アップグレードキット「UK-204」と「LK-101 v3」、「Google Apps Connector/ SharePoint Connector/ Evernote Connector」(近日発売予定)が必要です。
※2
アップグレードキット「UK-204」/「i-Option LK-105 v3」または「i-Option LK-110」が必要です。
※3
「再生PC」と「再生PET」の複合リサイクル素材。「再生PC」:ポリカーボネートは、透明性・耐衝撃性・耐熱性・難燃性などが高く、窓ガラスやDVD、自動車部品など幅広く用いられています。「再生PET」:PET(Polyethylene terephthalate)は、ポリエステル素材の一種で、リサイクル利用されるペットボトルの素材です。
※4
bizhub C554シリーズ(2012年5月発売)
※5
2011年7月から優れた環境性能を持つ製品を評価するコニカミノルタ独自の制度『グリーンプロダクツ認定制度』の本格運用を開始し、独自の厳しい基準を設けることで、持続可能な社会の実現に向けて常に高い目標意識をもち、環境配慮のための技術革新に努めています。

標準価格

商品名 プリント速度
(A4ヨコ)
本体標準価格
(税別)
搬入設置料金
(税別)
発売日
bizhub C554e カラー/モノクロとも
毎分:55枚
2,450,000円 50,000円 C554e/C454e/C364e
5月10日発売予定

C284e/C224e
5月23日発売予定
bizhub C454e カラー/モノクロとも
毎分:45枚
2,150,000円 50,000円
bizhub C364e カラー/モノクロとも
毎分:36枚
1,500,000円 50,000円
bizhub C284e カラー/モノクロとも
毎分:28枚
1,210,000円 50,000円
bizhub C224e カラー/モノクロとも
毎分:22枚
1,080,000円 50,000円

主な特長

新しい働き方を支援

先進機能&アプリケーション連携

IWS(Internet Web Server)アプリを本機に登録でき、「Google Apps」、「Microsoft SharePoint」、「Evernote」などのクラウド上のストレージにワンタッチでスキャンデータを送信することが可能です。また、クラウド上のデータのプリントもできるため、情報共有環境と文書管理の効率化を促進します。

アップグレードキット「UK-204」と「LK-101 v3」、及び「Google Apps Connector/ SharePoint Connector/ Evernote Connector」(近日発売予定)が必要です。

アプリによるモバイル端末の活用

複合機のモバイル端末用アプリ「PageScope Mobile」を活用することで、「Google Drive」や「Microsoft SharePoint」などのクラウドサービスや社内サーバーと柔軟に連携でき、情報の共有や活用の幅が大きく広がります。本アプリは、iOS/AndroidTM OSの両方に対応しています。

SMB1.0クライアントからの接続をサポートしているWindows、Sambaサーバー。PageScope Mobileと同じローカルエリアネットワークに接続されているものに限ります。

E-mail受信プリント機能搭載

モバイル端末から、複合機に割り当てられたE-mailアドレスへ直接ファイルを送るだけでプリントできる新機能により、外出先でもリアルタイムで情報伝達が可能となります。

アップグレードキット「UK-204」/「i-Option LK-110」が必要です

クラウドサービスの活用

当社が提供する「仕分け名人クラウド」を活用すれば、取引先から届いたFAXもメール同様にモバイル端末で確認することにより、迅速な対応が可能になるなどお客様のビジネスシーンに最適な使用環境を提供します。

別売です

生産性向上

紙文書を編集可能なOfficeファイルに変換でき情報管理に貢献

紙文書をスキャンすることで画像などの電子データに置き換えるだけでなく、汎用性の高いファイル形式(Microsoftワード、エクセル、パワーポイント)への変換ができます。データの再利用や編集が可能となるだけでなく、お客様の最適な文書/情報管理に貢献します。

アップグレードキット「UK-204」/「i-Option LK-110」が必要です

FAXを全文検索可能なPDFへの電子化※1と回線集約による最適配置

取引先からの頻繁なFAX受信も、「サーチャブルPDF」に変換し、電子化した文字情報を活用してPCでの検索が容易となり、業務効率を向上させます。さらにFAX回線を最大4回線※2まで同時に収容でき、機器の最適配置を実現します。

※1
アップグレードキット「UK-204」/「i-Option LK-110」が必要です。
※2
FAXはオプションの「FK-511」が必要です。4回線に拡張する場合は、オプションの「MK-728」と「FK-508」(近日発売予定)が必要です。

操作をより快適にするマルチタッチUIを採用

操作パネルをより直観的に操作できるピンチイン/ピンチアウト、ローテーション操作に対応しています。シンプルな操作ステップが作業ストレスを軽減します。
*マルチタッチUIについては下記URLより確認できます。

http://www.konicaminolta.jp/business/products/copiers/color/bizhub_c554e_c454e_c364e_c284e_c224e/ex/multi_touch.html

#

環境性能と快適性を追求

本体外装の40%、20カ所で再生素材を採用

当社は、安全基準を満たす強度や難燃性を備えた再生樹脂「再生PC/PET」をケミカルプロセッシング 技術により独自開発し、フラッグシップ機「bizhub C754」シリーズに事務機業界で初めて採用しています。本シリーズでは、「再生PC/PET」などの再生素材を本体外装の40%(現行機 bizhub C554シリーズでは30%)、本体の20カ所で使用し、資源の有効活用を図っています。

2012年1月発売

#

オフィス環境の快適化を高める"選べる操作音"

FAX受信や警告音などの操作毎に6つの操作音が個別に設定でき、より働きやすいオフィス環境の演出に貢献します。
*操作音は下記URLより確認できます。

http://www.konicaminolta.jp/business/products/copiers/color/bizhub_c554e_c454e_c364e_c284e_c224e/ex/operation_sound.html

トップクラスのスリープ時消費電力を達成

スリープ時の消費電力は、現行機※1の1/3の1.0Wを実現し、業界トップクラス※2を達成しています。

※1
bizhub C554シリーズ
※2
当社調べ。日本国内で販売されているA3複合機、22~55枚/分クラスの複合機において。

国際エネルギースタープログラム基準(TEC値)※1を大幅にクリア

本シリーズは、国際エネルギースタープログラムの基準で、前シリーズ機※2と比較してTEC値を最大50%以上削減しています。また、TEC値を低減することで、CO2排出量も減少させています。

※1
国際エネルギースタープログラムで定められた測定法による数値
※2
bizhub C652DSシリーズ、bizhub C360シリーズ

製品の環境性能を評価する独自の制度「グリーンプロダクツ・プラス(GP・Plus)」に認定

節電効果を高める「ECO指標表示」や「ウィークリータイマー」を採用

操作パネル上で、複合機のトナーや用紙節約の指標をグラフ表示する「ECO指標表示」を採用しています。認証機能との併用で、部門ごとやユーザーごとの視点からもグラフを確認できます。また、電力使用状況の累積表示も可能です。「ウィークリータイマー」を使用すれば、曜日ごとにスリープモードの時間設定ができます。さらに、新たに学習機能を追加し、4週間分の使用データを蓄積し、ウィークリータイマーの設定と実際の使用状況が異なる際には、設定時間を自動修正します。

*
Google Apps、Google Drive、AndroidはGoogle Inc の商標、または登録商標です。
*
iOSの商標は、Apple Inc.の米国およびその他の国のライセンスに基づき使用されています。
*
Microsoft SharePointは、Microsoft Corporationの商標または登録商標です。
*
Evernoteは、米国Evernote Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
*
bizhub、PageScopeはコニカミノルタ株式会社の登録商標です。
*
AndroidTMからの印刷は、無線LAN経由で印刷できる環境が整っている必要があります。

ページトップへ戻る