コニカミノルタ

コニカミノルタについて

ニュースリリースに記載されている内容は、報道発表日現在の情報です。お客様がご覧いただいた時点で、情報が変更(生産・販売が終了している場合や、価格、仕様など)されている可能性がありますのであらかじめご了承下さい。電話でのお問い合わせはこちらをご覧下さい。

コニカミノルタは2006年をもってカメラ事業・フォト事業を終了いたしました。これらの分野で培った技術は、デジタル複合機などの情報機器事業や光ディスク用レンズなどのオプト事業等において活かし、皆様にとって“essential”(必要不可欠)な企業となるべく邁進してまいります。

ケータイ、デジカメの撮影画像がメディアを選ばずにプリント可能
入出力部が分割するレイアウトフリーな店頭設置型プリントシステム
『撮即プリント Revio Station (さっそくプリント レビオステーション)』新発売

2003年11月27日
コニカミノルタホールディングス株式会社
コニカミノルタフォトイメージング株式会社
コニカミノルタマーケティング株式会社
オムロン株式会社

コニカミノルタグループのコンシューマーイメージング(民生用映像関連製品)事業部門の国内販売会社であるコニカミノルタマーケティング株式会社(代表取締役社長 松永勝稔 以下コニカミノルタマーケティング)は、カメラ付き携帯電話やデジタルカメラで撮影した画像を高画質で画像保存性に優れたプリントに出力でき、入出力部が分割できるレイアウトフリーな店頭設置型プリントシステム『撮即プリント Revio Station(さっそくプリント レビオステーション)』を12月1日より発売いたします。

撮即プリント RevioStation

『撮即プリント Revio Station』は、カメラ付き携帯電話やデジタルカメラで撮影され様々なメディアに保存される画像を、店頭でシールタイプや通常のプリントに出力して楽しんでいただくことを意図して、入力部をオムロン株式会社(代表取締役社長 作田久男 以下オムロン)、出力部をコニカミノルタグループの事業会社であるコニカミノルタフォトイメージング株式会社(代表取締役社長 岩間秀彬 以下コニカミノルタフォトイメージング)が担当し、コニカミノルタマーケティングが両方を組み合わせてプリントシステムとして商品化したものです。

オムロン開発の注文入力端末とコニカミノルタフォトイメージングが供給するシール紙専用プリンタや写真サイズL判プリンタの組み合わせで、高い操作性と高画質プリントを実現した本商品は、オプションのキオスク型ボックスなどにより、店舗の業態に合わせて設置スタイルを変えることが可能なシステムになっています。                            

※2004年春対応予定

『撮即プリント Revio Station』の主な特長

レイアウトフリーな分割タイプのボディ

注文入力部と出力部が分割可能となっており、店舗のスペースに応じたレイアウトが可能です。オプションで用意しているキオスク型ボックスを利用すれば入力部と出力部が一体化したセルフ式端末として設置することもできます。

8種類の記録メディアと全キャリアの携帯電話に対応

注文入力端末の記録メディア用スロットは、現在デジタルカメラとカメラ付き携帯電話に使用されているほとんどのメディア(8種類)に対応しています。また、カメラ付き携帯電話で撮影した画像のアップロード用のケーブルと赤外線通信ポートも装備し、全キャリアの携帯電話からの出力が可能です。
(対応記録メディア)
SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、xD-ピクチャーカード、miniSDカード、メモリースティックDuo

簡単操作のタッチパネル式画面

見やすい15インチのLCDタッチパネルに、イラストを多用した直感的な注文操作ができるメニュー画面を備えました。
オムロンが銀行のATMや駅の自動改札機等の社会インフラ整備に貢献する自動化機器の開発で培ったノウハウを活かし、ユーザーの方にとっての操作性に配慮した端末になっています。

データのCD-R書き込みにも対応

画像データをプリントとして出力するだけでなくCD-Rに書き込むことができます。撮影画像用記録メディアの空き容量が少なくなってしまった場合などに便利です。

多彩な組み合わせ

出力部には、はがきサイズのシール紙用プリンタと"フォトキレート"※1出力の写真サイズL判プリンタ※2の2種類を用意していますので、ニーズによって自由に組み合わせることが可能です。その他コインユニットや、レシートプリンタ、キオスク型ボックスなどもオプションでラインアップし、店舗の業態に合わせたシステム構成がお選びいただけます。

※1
コニカミノルタフォトイメージングが独自に開発したポストキレート昇華熱転写技術により大幅に画像の耐久性を高め、「百年プリント」並みの長期保存性と高画質を実現したデジタルフルカラー出力メディア
※2
2004年春対応予定

コニカミノルタでは、長年にわたる画像処理・感光材料開発で培われたコア技術を応用し、成長が見込まれるデジタルフォト分野でも、引き続きお客様のニーズにお応えする商品開発に努めて参ります。

商品名
:『撮即プリント Revio Station』
機器構成
:a.入力部
液晶タッチパネル付注文入力端末(オムロン製)
:b.出力部
撮即プリント用プリンタ CHC-S9045-5(神鋼電機製)
あるいは
フォトキレートプリンタ RC-6i(2004年春対応予定)
出力ペーパー
:撮即プリントシール紙9045S
フォトキレート L判用 インクリボン VR/602-L5、受像紙 V602P-5
発売日
:2003年12月1日
需要者渡し標準価格(消費税別)
:498,000円

■ オプション

オプション名 需要者渡し標準価格(消費税別)
撮即用プリンタカバー コインメック付き 79,000円
撮即用レシートプリンタ 89,000円
撮即用外部スピーカー 20,000円
撮即用UPS 19,800円
撮即用置台ローラー付き 50,000円
撮即用キオスク型ボックス(2004年春発売予定) 未定

■ ペーパー

  需要者渡し標準価格(消費税別)
撮即プリントシール 9045S 500枚用 45,000円
文中に記載されている各種名称、会社名、商品名などは各社の登録商標、または商標です。

■ 主な仕様

液晶タッチパネル付注文入力端末

操作部 15インチTFT液晶タッチパネル(タッチペン付き)
入力部
  • メディアスロット
    (SDメモリーカード、マルチメディアカード、メモリースティック、コンパクトフラッシュ、スマートメディア、xD-ピクチャーカード対応)
  • miniSDカード・メモリースティックDuo用スロット
  • IrDA赤外線通信ポート
  • 携帯電話接続ケーブル(PDC/CDMA)
ドライブ HDD(40GB)
CD-RWドライブ(CD-RWへのデータ書き込み可能)
電源 AC100V、50/60HZ
サイズ H352mm×W404mm×D514mm
重量 約23kg

撮即プリント用プリンタ CHC-S9045-5

型式 昇華型デジタルフォトプリンター
プリント用紙サイズ 152mm×102mm
プリントスピード 23秒/枚
プリント種類 シールプリント(12分割/15分割/19分割などが可能)
給紙方法 ロール紙
電源 AC100V、50/60HZ
サイズ H257.8mm×W265mm×D319mm
重量 約11kg

フォトキレートプリンタ RC-6i

型式 昇華型デジタルフォトプリンター(ポストキレート型昇華熱転写方式)
プリント用紙サイズ 127mm×89mm
プリントスピード 24秒/枚
プリント種類 L判プリント
給紙方法 ロール紙
電源 AC100V、50/60HZ
サイズ H180mm×W300mm×D360mm
重量 約15kg

ページトップへ戻る